グノーのオペラ「ロメオとジュリエット」公演

12月17日、ヴィーン国立歌劇場にて。

Roméo et Juliette
Music: Charles Gounod

Diligent: Bertrand de Billy
Inszenielung: Jürgen Flimm
Lichtarchitektur: Patrick Woodroffe
Kostüme: Birgit Hutter
Chorleitung: Ernst Dunshirn
Bewegungsregie: Renato Zanella

Juliette: Annick Massis
Stéphano: Michaela Selinger
Gertrude: Margareta Hintermeier
Roméo: Giuseppe Sabbatini
Tybalt: Marian Talaba
Benvolio: Martin Müller
Mercutio: Eijiro Kai
Paris: Hans Peter Kammerer
Grégorio: Clemens Unterreiner
Capulet: In-Sung Sim
Frère Laurent: Dan Paul Dumitrescu
Le Duc: Janusz Monarcha

舞台はとてもシンプルで装置はほとんどないに等しく、光線を多用してその場の雰囲気をイメージさせるやり方です。ほとんどミュージカル的という印象。花火が好きな演出家でもあります。ジュリエットのバルコニーシーンも舞台中央にしつらえた半円形の板が少し持ち上がって、その上に乗った彼女で表現している。最後にその板が垂直に立って回りの照明が全て消える中で発光し、瀕死のロメオとジュリエットが影絵になって手を取り合うシーンは効果的で美しい。

歌手では、ロメオを歌ったジュゼッペ・サバティーニがすばらしい声でした。ジュリエット役がいまいちの声だっただけに聴いている方は救われた感じです。そのジュリエットを歌ったアニック・マシスは一枚ヴェールがかかったような不透明な声が好きになれません。
他の歌手は概ねよい出来で、日本人バリトンの甲斐栄次郎はよく声が出ていて目立ちました。

管弦楽は全体的にはほぼ満足ですが、ヴィーン国立歌劇場管でもこんな音を出すのかというようなときがあり、ベルトラン・ドゥ・ビリーの指揮にやや疑問が生じました。
写真はちょっと暗いのですが、左からサバティーニ、マシス、甲斐、シム、ビリーです。
c0057725_23535617.jpg

[PR]
by dognorah | 2006-12-21 23:02 | オペラ
<< ヴェルディのオペラ「ドン・カル... 円安ですねぇ・・・ >>