ヘンデルのオラトリオ「メサイア」公演

2006年12月12日、バービカンホールにて。

George Frideric Handel (1685 – 1759)
Messiah (1741 – 42)

指揮:Colin Davis
ソプラノ:Susan Gritton
アルト:Sara Mingardo
テノール:Mark Padmore
バス:Alastair Miles
合唱:Tenebrae
管弦楽:ロンドン交響楽団

ヘンデルは1710年にロンドンに移住してからの25年間にイタリア語のリブレットによるオペラを大量に書いて大成功を修めますが、1730年ごろから彼のオペラ人気も翳りが見え始め、本人も悩んでいたようです。そこで新たに英語歌詞によるオラトリオというジャンルで作曲をし、これでどうだ、とばかりに世に問うたところまたまた大成功。アマチュア合唱団が積極的に取り上げたこともあり、以後、250年以上にわたって人気を保ち続けているというわけです。

作品の存在は有名なので知っていましたが、実演でもCDでもとにかく聴くのはこれが初めてでした。ヘンデルらしい親しみやすいオーケストレーションと美しい歌で楽しめましたが、今日もテネブレイという合唱団の実力を再認識しました。先日の「キリストの幼時」で初めて接したこの合唱団、今日は曲のダイナミックさもあって、より凄さを発揮した感じです。本日のメンバーは女声14名、男声20名でしたが透明な響きを保ったままで発せられる力強いフォルテの気持ちよさはたまりません。よほど一人一人の実力が秀でているのでしょう。

独唱陣も無難にこなしていましたが、女声陣がよりよかった。男声陣ではバスのマイルズが風邪でも患っているのかいつもの豊かで張りのある低音が出せず、今まで何度か聴いた彼の歌唱の中では最悪でした。

管弦楽は前回と同様美しい演奏です。
独唱陣の役割はテキストに書いてあるのとはずいぶん違って、アルトやソプラノの指示部分をバスやテノールが歌ったり、あるいはその逆であったりとかなり変えていました。指揮者の判断でしょうか。聴いている方は別にどちらでもいいのですが。

曲は全体が3部に分かれており、第2部の最後の34番でハレルヤと始まると多くの聴衆が起立しました。理由はよくわからないので私は座ったまま聴いていましたが。
歌詞はかなり単純で、それを何度も輪唱のようにして繰り返すので演奏時間がかかるということもわかりました。しかしこのアンサンブルの優れた合唱団による輪唱はことのほか美しく、ちっとも長いとは感じませんでした。
c0057725_21582941.jpg

写真は、向かって指揮者の左側がテノールとアルト、右側がソプラノとバスです。前半は女声が左、男声が右だったのですが、後半にテノールとアルトのデュエットがあったのでこういう配置になったものです。
[PR]
by dognorah | 2006-12-14 22:01 | コンサート
<< 円安ですねぇ・・・ オペラ「カルメン」公演 >>