オペラ「カルメン」公演

2006年12月11日、ROHにて。

ROH久しぶりのカルメンは新演出ですが、アントナッチのカルメン、カウフマンのドン・ジョゼ、ダルカンジェロのエスカミーリョ、アンセレムのミカエラという豪華出演者とも相俟ってすばらしいプロダクションでした。

アントナッチは9月にパリで「皇帝ティートの慈悲」でヴィテリア役(ソプラノ)を歌ったのを聴きましたが、そういうお姫様役より今回のカルメン(メゾソプラノ)の方がはるかに存在感を発揮できる人です。声も歌唱も演技も完全に嵌っています。メーキャップもよくできていて、あばずれのジプシー女が余すところなく再現されている感じです。
c0057725_23135031.jpg
豊かな胸を大きく露出させる衣装から乳首がこぼれるんじゃないかと心配させる大胆な動きで、まさに体当たり的演技も堂に入っています(写真はGuardianから)。第1幕から第4幕まで通して全く瑕のない歌唱というのもすごい。
アンセレムは第1幕ではちょっと霞がかかったような声で余り好きではないですが、第3幕ではかなり改善されていました。
男声陣では、期待していたカウフマンは絶好調ではなく、第1幕はやはりちょっと霞がかかったようなところがありました。しかしその後は調子を取り戻し、ニュアンスの表現の上手い歌唱を披露して絶賛されていました。
ダルカンジェロは先般の「ドン・ジョヴァンニ」で強烈な印象を与えてくれた人ですが、今日も全く言うことなし、迫力のエスカミーリョでした。本物の馬に騎乗して現れ、馬上で闘牛士の歌を歌いましたが、声量も迫力ある歌唱もすばらしいとしか言いようがない出来です(写真はThe Opera Criticから)。
c0057725_23144780.jpg

フラスキータ、メルセデの女声陣、中尉や密輸者など他の脇役陣も概してできがよく、レヴェルの高い公演となりました。

この新演出はよい出来だと思います。大勢の登場人物に馬やロバなどの動物も含めて舞台は大賑わいですが子供たちの合唱も含めてきちんと統制が取れていてとても気持ちがいい。
舞台装置はすぐにスペインを思い起こさせるオレンジっぽい黄土色の壁を配置させるだけのシンプルなものですが、各場面を実に上手く表現しています。第4幕の華やかさもなかなか贅沢な作りで、聖女を乗せた山車も豪華さを盛り上げています。
序曲に次ぐ序奏部で幕が開くと紗幕の向こうで最後の場面が回想的に演じられますが、この場面や大群衆処理部分でちょっとゼッフィレッリの影響を感じ取れます。
演技ではカルメンが色気たっぷりで、観客まで彼女の魅力になびきそう。最後の刺殺場面も緊張感いっぱいで好ましい。刺殺された瞬間に闘牛場の中の照明がぱっと消えるのはとても印象的です。

パッパーノ指揮するオケは第1幕でちょっとガチャガチャという印象の音だったのが、だんだん良くなり第3幕と第4幕ではとても美しくまた力強い演奏でした。

帰宅してベッドに入っても興奮が覚めやらず、なかなか寝付けませんでした。
今年はヴェローナの野外公演と共に2回もすばらしいカルメンを見れて幸せです。

CARMEN
Opéra comique in four acts
Music: Georges Bizet
Libretto: Henry Meilhac and Ludovic Halévy after Prosper Mérimée's novel

Conductor: Antonio Pappano
Director: Francesca Zambello
Designs: Tanya McCallin
Lighting: Paule Constable
Choreography: Arthur Pita
The Royal Opera Chorus
Chorus Director: Renato Balsadonna
The Orchestra of the Royal Opera House
Concert Master: Peter Manning

Moralès: Jacques Imbrailo (a corporal)
Micaëla: Norah Amsellem (a country girl)
Don José: Jonas Kaufmann (a corporal)
Zuniga: Matthew Rose (a lieutenant)
Carmen: Anna Caterina Antonacci (a gypsy)
Frasquita: Elena Xanthoudakis (a gypsy friend of Carmen)
Mercédès: Viktoria Vizin (a gypsy friend of Carmen)
Lillas Pastia: Caroline Lena Olsson (owner of a tavern)
Escamillo: Ildebrando D'Arcangelo (a torero)
Le Dancaïre: Jean Sébastien Bou (a smuggler)
Le Remendado: Jean-Paul Fouchécourt (a smuggler)
Guide: Anthony Debaeck

写真は左からアンセレム、カウフマン、パッパーノ、ウエストロップ(副合唱指揮)、アントナッチ、ダルカンジェロです。
c0057725_22231120.jpg

[PR]
by dognorah | 2006-12-12 22:25 | オペラ
<< ヘンデルのオラトリオ「メサイア」公演 オペラ「バラの騎士」公演 >>