ルネ・フレミングのリサイタル

Saturday 2 December 2006, 7.30pm
Renée Fleming: soprano
Royal Philharmonic Concert Orchestra
Andreas Dells: conductor
Barbican Hall

Mozart Overture: Die Zauberflöte(管弦楽のみ)
Mozart 'Laudamus te' from Mass in C minor
Ochs (attrib. Handel) Dank sei Dir, Herr
Mendelssohn Nocturne from A Midsummer Night’s Dream(管弦楽のみ)
Cilea 'Poveri fiori' from Adriana Lecouvreur
Puccini 'Vissi d'arte' from Tosca
Verdi Overture: La forza del destino(管弦楽のみ)
Verdi 'Tacea la notte placida ... Di tale amor' from Il trovatore
(interval)
Korngold Overture: Captain Blood(管弦楽のみ)
Korngold '!ch ging zu ihm' from Das Wunder der Heliane
Dvořák Slavonic Dance in E minor, Op.72 No.2(管弦楽のみ)
Smetana 'Dobrá! Já mu je dám! ... Radostí nesmírnou' from Dalibor
Delius 'La Calinda' from Koanga(管弦楽のみ)
Strauss '!ch komme - ich komme - grünende Brüder' from Daphne
アンコールは2曲。

有名なソプラノですが、昨年のROHでのオテロに行かなかったので実演を聴くのはこれが初めてです。来年6月にコンサート形式のタイスに出演することになっているので行きたいと思っていますが。ちょっと前のDVDで見る姿よりやや痩せている感じで、最近の写真通りの美人でした。1959年生まれで2ヵ月後には48歳となります。
評判に違わず美しい声です。低音から高音までよくコントロールされ気品があります。トスカなど馴染の有名曲では、かなり遅めのテンポで余り感情の起伏を表現することなくさらっと流す感じでした。しかし、Ochs、Cilea、Korngold、Smetanaでは相当気合が入った歌唱で、特にスメタナは圧巻でした。本日一番感動した作品です。
アンコールは1曲目の曲はよく知りませんが、2曲目はポピュラー名曲でジャンニ・スキッキからラウレッタのアリアで、伴奏が始まったとたんに拍手。これもトスカと同様ゆっくり目のテンポで感情を入れることなく歌われました。

指揮者のデルズは彼女がアメリカから連れてきたのでしょう。ミルウォーキー交響楽団の常任を10年勤めていますが、世界各地でオペラ指揮にも招かれているようです。指揮はかなりうまい人で、初めて指揮するこのオーケストラからいい音を引き出していました。しかし調子に乗りすぎてちょっと音を出しすぎの感があります。フレミングはネトレプコほどの声量がないので声が霞んでしまうシーンが度々あっていただけません。
このオケは1987年に設立されてクラシックでもポピュラーでも何でも求めに応じて演奏する団体です。こういうイヴェントでは兄貴分のRPOより上手いかもしれません。
[PR]
by dognorah | 2006-12-03 23:00 | コンサート
<< ベルリオーズのオラトリオ「キリ... ベラスケス展 >>