ブリテン「ヴェニスに死す」コンサート形式

11月23日、QEHにて。
Opera “Death in Venice” by Benjamin Britten (1973)
Libretto by Myfanwy Piper based on Thomas Mann

演奏
Philip Langridge (テノール、 Gustav von Aschenbach)
Alan Opie (バリトン、Traveller他6役)
William Towers (カウンターテノール、The Voice of Apollo)
Philharmonia Voices (その他の役と合唱)
Philharmonia Orchestra(管弦楽)
Richard Hickox (指揮)
Aidan Oliver (演出)

オペラはもちろん、管弦楽を聴くのもこれが初めてである。
歌手は総じてよかったが、特にオピーは傑出している。テノールに近い部分からバスまで音域が広そうで、艶と張りがあり、堂々とした歌唱だ。簡単な仕種をするそのやり方から演技も上手そう。実は4年前にシモン・ボッカネグラのパオロ役で聴いているがあまり印象はない。
主役のラングリッジはオペラではいつも脇役で聴いている人。すべてというわけには行かなかったが立派な歌唱だった。声もとてもよく出ていた。
合唱団は2004年に結成された若い歌手によるプロ団体であるが、すばらしいアンサンブルだし、それぞれの役どころでもしっかりと独唱している。
ヒコックス指揮のフィルハーモニア管も美しいアンサンブルで文句なし。このオケを聴くのは久しぶりだが、今日はLeaderである日本人ヴァイオリニストMaya Iwabuchiさんがコンサートマスターを勤めている。ブリテンの作曲手法にはかなり感心させられた。打楽器を多用するがそのアンサンブルが気持ちいいし、効果的である。ヴァイオリンを中心とする弦のメロディも時にはマーラーを思わせる官能的な調子で美しい。ブリテンは作曲前にヴィスコンティの映画(1971年)を多分見ているだろう。

ということで音楽的には大変満足できる演奏だったが、単純な筋であるだけにコンサート形式では長すぎて(約3時間)やや退屈であったのは否めない。歌手は結構動き回って、アポロやデュオニソスは客席で歌ったり、イチゴ売りの少女は舞台下から本物のイチゴをアシェンバッハに食べさせたりと変化はつけているのだが。舞台にすれば演出によっては退屈せずに済むかもしれない。ヴィスコンティの映画は全く退屈しなかった記憶がある。このオペラが上演されたら見るか?多分見ないでしょう(^^;

写真は指揮者の左側にいるのがラングリッジ、その左の白い上着がタワーズ、指揮者の右側にいるのがオピー。
c0057725_20112320.jpg

[PR]
by dognorah | 2006-11-24 20:11 | オペラ
<< 最近の英国郵便は・・・ ピアノリサイタル >>