ベルリオーズのオペラ「トロイ人」

11月1日、パリオペラ座(バスティーユ)にて。
Hector Berlioz: LES TROYENS (1863)
Opera en cinq actes et neuf tableaux
Livret: d’Hector Berlioz d’après L’Enéide de Virgile
初演:1863年パリ(第2部のみ)、1890年カールスルーエ(完全版)

キャスト
Direction musicale:Sylvain Cambreling
Mise en scène, décors, costumes et lumières:Herbert Wernicke
réalisés par Tine Buyse (mise en scène), Joachim Janner (décors), Dorothea Nicolai (costumes), OlafWinter (lumières)
Dramaturgie:Xavier Zuber
Chef des Chœurs:Peter Burian
Orchestre et Chœurs de l'Opéra national de Paris
Maitrise des Hauts-de-Seine / Chœur d'enfants de l'Opéra national de Paris

出演
LA PRISE DE TROIE(第1部:トロイの占領)
Cassandre:Deborah Polaski
Ascagne:Gaële Le Roi
Hécube:Anne Salvan
Enée:Jon Villars
Chorèbe:Franck Ferrari
Panthée:Nicolas Testé
Le fantôme d'Hector:Philippe Fourcade
Priam:Nikolai Didenko
Un capitaine grec:Frédéric Caton
Helenus:Bernard Richter
Andromaque:Dorte Lyssewski
Polyxène:Carole Noizet

LES TROYENS A CARTHAGE(第2部:カルタゴのトロイ人)
Didon:Deborah Polaski
Anna:Elena Zaremba
Ascagne:Gaële Le Roi
Enée:Jon Villars
Iopas:Eric Cutler
Hylas:Bernard Richter
Narbal:Kwangchul Youn
Panthée / Mercure:Nicolas Testé
Deux capitaines troyens:Nikolai Didenko, Frédéric Caton
Le fantôme de Cassandre:Anne Salvan
Le fantôme de Chorèbe:Franck Ferrari
Le fantôme d'Hector:Philippe Fourcade
Le fantôme de Priam:Nikolai Didenko

初めて見るオペラで、フランス語の歌詞で字幕はフランス語しか出ないし、しかもとても長大な物語なので予習をしていきました。幸いなことにザルツブルグで2000年に上演されたもののDVDが手持ちのコレクションの中にありました。演出、指揮、主演が同じ人達なのでこれ以上のものはありません。パリの公演はそれを再現したものですから。

第1部のあらすじ
トロイがギリシャ軍の攻撃を受けて滅亡する様を描いています。ポラスキーが演じる預言者が何度も警告したにも拘らず王も民衆も彼女を信じず、破壊せよというアドヴァイスも退けて街に木馬を引き入れてしまいます。彼女を含めて女性たちは陵辱を恐れて自殺しますが、Enéeをリーダーとする一部の軍人たちは生き残り、Hectorの亡霊の指示でイタリアへ行って新たな国興しを計るために船で脱出します。

第2部のあらすじ
カルタゴはDidonという女王によって治められていて、そこにトロイ人たちが漂着し、しばらく休ませてもらいます。ところがその頃カルタゴはアフリカの隣国ヌミビアと戦争状態にあり、丁度ヌミビアが大軍を率いて攻撃を仕掛けてきました。トロイ人たちは恩返しとばかりにカルタゴに協力してヌミビアを撃退します。その過程でDidonとEnéeは恋仲になります。しかし、Hectorの亡霊が当初の目的どおりイタリアに行くように天から声を降らせるし、部下たちも早くイタリアへ行こうとせかせるので彼は断腸の思いで出航してしまいます。Didonは、恩をあだで返したとばかりに激怒しますがどうしようもなく、絶望の果てにイタリアを呪いながら自殺します。

演出
舞台は半円状の白い壁が全面に立てられ、奥の一部が2メートルくらいの幅で切り取られています。この壁は最初から最後まで同じ。床も白く、奥から前面に向かって少し傾斜しています。また右奥から左前面にかけて亀裂が入っています。亀裂の右側の床が時に応じて水平になって左側の床との間にギャップが出来るようになっています。奥の壁の隙間からは、茶色の土に翼をもがれたジェット戦闘機が突き刺さっていたり、巨大な木馬が移動して行ったり、第2部では海が見えます。この海はザルツブルグでは寄せては返す波の様子がうまく作られていたのにパリでは海なのか階段なのかよくわからない出来の悪さでした。

服装はかなり現代的で、トロイ人は全て赤い手袋、ギリシャ人は黒い手袋、カルタゴ人は青い手袋をして、帰属を明確にしています。ちなみに恋をしているEnéeは青い手袋をして心はカルタゴ人になっています。武器は自動小銃です。しかし意外と違和感がありません。バランスがいいからでしょう。全幕を通してよく出来た演出と思います。

演出、舞台装置、衣装および照明を全て一人でこなしたHerbert Wernickeは、残念ながら2002年に亡くなったということで、今回はそれを踏襲しながら4人の方々が分担して実現したようです。そのために今回の舞台は細部でDVDのものとは異なっています。例えば、第4幕でDidonとEnéeが森の中をさまよいながら急激に親密になっていくシーンはザルツブルグでは周りの壁に木々のシルエットを映しながら時折強い閃光で舞台を照らし、両端からゆっくり手を差し伸べながら近づく二人を美しく劇的に盛り上げていますが、今回の舞台では木々のシルエットの代わりにイラク爆撃を思わせる破壊と炎上のヴィデオを周りの壁全面に投射しています。ヌミビアとの戦闘状態を現わそうとしたのでしょうが、オリジナルの演出家が生きていたら果たして許したかどうか疑問です。

この場面に続いて宮殿のソファーで二人はさらに愛の交歓を歌いますが、音楽と共にワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」そっくりと思われるような官能的な美しさです。ワーグナーが「トリスタンとイゾルデ」を作曲したのは1865年。彼が1863年にパリに居てこの初演を見た可能性もありますね。あまりにも雰囲気が似ているのでワーグナーが影響を受けた気がします。

歌手
今回の出演者は多分全員初めて聴く歌手たちです。名前もポラスキーを知っているだけです。彼女はDVDでリセウで上演されたブリュンヒルデと上記トロイ人のものの2種類を聴いたことがあります。最初に舞台に出てきた彼女を見て、顔はあまり変わらないのに体は少し痩せたと思いました。声はDVDのものとほとんど変わらず、立派な声でした。Casandre役の歌はちょっと最初ビブラートがかかった声でしたがだんだんよくなっていったように思います。しかし彼女の立ち姿と声は気品があり、カルタゴの女王役にはほんとにぴったりです。この声で一度イゾルデを聴いてみたいものです。ヴィーンに行くしかないか。
相手役のJon Villersも最高ではないにしてもまあまあ。Annaを歌ったElena Zarembaは演技が上手くないものの、歌はかなり上手で声もいいです。Iopasを歌ったEric CutlerとHylas役のBernard Richterの二人のテノールもかなりよかった。Narbal役の韓国人でしょうかKwangchul Younはちょっとパンチがなかった気がします。これはDVDのRobert Lloydがすばらしい。

管弦楽
Cambrelingの指揮する音楽は文句なし。合唱も迫力があってよくまとまっていました。

6時から始まって終了が11時半という長丁場でしたが、当初の心配を吹き飛ばして十分楽しめたし感動もしました。ベルリオーズはこの一大叙事詩をよくオペラにしたものです。いい音楽だし、もっと上演されてもいいのじゃないかと思います。
会場には和服姿を数人含む10人の日本人女性の団体がいました。話しかけてみると、日本からの観光客で、特にオペラが好きというわけじゃないので予習もしてこない人が多数。さっぱりわからないというのであらすじを説明してあげたら感謝されました。次の予定の関係で2回目のインターヴァル時に退出されるとのこと。2階のバルコニーの端でしたが最前列でしたので、最終幕はそこに移動して鑑賞させてもらいましたがポラスキーの顔がよりクリアに見えました。やはり6年前のDVDに比べると少し皺が増えているものの、気品はそのままですね。

写真は、左からJon Villers, Sylvain Cambreling, Deborah Polaski, Elena Zaremba, Eric Cutlerです。指揮者のカンブルランは意外に小男ですね。
c0057725_1024398.jpg

[PR]
by dognorah | 2006-11-08 10:03 | オペラ
<< オペラ「コジ・ファン・トゥッテ」 ネトレプコ/ビヤソンのオペラア... >>