ネトレプコ/ビヤソンのオペラアリアの夕べ

(ようやく電話回線が復旧したので記事のアップ再開です。)

10月31日、バービカンホールにて。ネトレプコを聴くのは昨年のジルダ以来です。

出演
Anna Netrebko (soprano)
Rolando Villazón (tenor)
Royal Philharmonic Orchestra
Emmanuel Villaume (conductor)

Gounod, Massenet, Tchaikovsky, Rachmaninov, Delibes, Sorozábal, Torroba, Mascagni, Catalani, Pucciniのオペラから12シーンをソロとデュエットおよび管弦楽曲4曲を織り交ぜた構成です。

まずネトレプコがグノーの「ロメオとジュリエット」から”Je veux vivre”を歌って景気付け。最初からあのネトレプコの声が思いっきり聞けて幸せ(^^) 調子よさそうです。しかし最前列で聞いていたstmargaretsさんたちによると、所々声が掠れて絶好調とはいえなかったようです。彼女は最後までほぼ同じ調子でした。

次いで登場したビヤソンはマスネーの最も知られていないオペラLe Mageから1曲。ネトレプコより声が小さい。今年の3月にROHの「エフゲニー・オネーギン」に出演しましたが、そのときも声量が物足りない印象でしたのでやっぱりそういう人かとがっかり。しかし、その後だんだん調子を上げて行って、休憩後の第2部ではもう絶好調。歌はもともとうまい人なので、声が戻れば言うことなし。非常に好きな声質というわけじゃないですが、これだけ調子を上げてくれると楽しくなります。

二人はとても仲がよく、デュエットで退場するときは手をつないだり抱き合ったり。二人とも聴衆の反応がいいと素直に喜びを顔に出すのでとてもかわいい。サーヴィス精神も旺盛でとてもお客さんを大事にしているのがわかって好感が持てます。ネトレプコは前半は黒のドレスで後半は白地に黒の模様と、カラフルなドレスが似合う人だと思っているのでちょっと地味なのが残念でした。
c0057725_1912649.jpg

c0057725_192209.jpg

アンコールは3曲。最初のオペラデュエットは知らない曲ですがアンコールにふさわしい盛り上がり方。2曲目はミュージカル、ウエストサイドストーリーから「マリア」、3曲目はザルツブルグの「椿姫」でおなじみのあの乾杯の歌を再現。その曲では二人とも海賊と魔女に仮装して登場し、さらに客を喜ばせます。
c0057725_1982279.jpg

管弦楽は音があまり良くないもののオペラをよく指揮しているというヴィローム(上の2枚目の写真に写っている人)のもとで歌手にとっては歌いやすい伴奏だったでしょう。
とにかく気持ちのいいエンターテイナー振りでとても楽しませてもらいました。普通のコンサートの2倍くらいの入場料でしたが価値はあったと思います。
[PR]
by dognorah | 2006-11-07 19:15 | コンサート
<< ベルリオーズのオペラ「トロイ人」 ROH Young Artis... >>