ROH Young Artists Programme発表会

10月30日、Linbury Studioにて。

今年もJette Parker Young Artists ProgrammeというROHの若手音楽家養成プログラムに所属する人たちの発表会の季節となりました。メンバーは任期2年で毎年半数が卒業し、その後に新人が充当されます。卒業した人の中にはKatie Van Kootenのように主役級の役で活躍している人もいますが、そうなるかどうかは当然のことながら本人の実力如何に懸かっています。

本日登場したのは次の歌手たちです。イギリス人はゼロ。
Ana James (ニュージーランド、ソプラノ、2年目)
Kishani Jayasinghe (スリランカ、ソプラノ、新人)
Nikola Matišić (スエーデン、テノール、2年目)
Andrew Sritheran (ニュージーランド、テノール、2年目)
Haoyin Xue (中国、テノール、新人)
Jacques Imbrailo (南アフリカ、バリトン、新人)
Robert Gleadow (カナダ、バス、2年目)
Krysztof Szumanski (ポーランド、バス、新人)

歌われた曲は全てオペラの一場面またはアリアで、ソロあり、デュエットあり、カルテットありと多彩に14演目、それぞれの人が2-3曲ずつ出演しました。
この中で終始安定していた上、演技的にも上手かったのはやはり舞台経験豊富なRobert Gleadowでした。この人はここで学ぶべきものはもう無いように思いますが、さりとて世界のオペラ界に打って出るというのもちょっと存在感が薄そうで、難しい人ですね。もう少しドスの効いた超低音が出るなどの特徴があればいいのでしょうが。ところで新人のバスKrysztof Szumanskiは昨年Gleadowに感じたのと同じ期待感が感じられました。柔らかいタッチの声が気持ちよくGleadowもうかうかしていられません。

バリトンは一人だけですが上手いときもある反面、ちょっと目立たない歌唱のときもありいまいちよくわかりません。

テノールは3人登場したわけですが、2年目のNikola Matišićが一番上手かったものの安定感の上でやや不安があります。この人はランチタイムコンサートでも前科があって、なかなか任せておけない弱点があります。あと1年、何とか改善して欲しいものです。同じく2年目のAndrew Sritheranは声量もあり、昨年ちょっと注目したのですが上手さの点ではあまり改善が感じられません。相変わらずちょっと荒い。珍しくジークムントを一曲歌いましたが、ワーグナー歌いの方向が意外と向いているかもしれないと思いました。新人のHaoyin Xueはいかにも中国人という丸い顔をしたチビコロさんですが、甘くて艶のある声を持っています。ラ・ボエームのロドルフォの有名なアリアChe gelida maninaはなかなか聞かせてくれます。高音はいいのですが中低音になるとちょっと汚れるのが惜しい。これから2年間頑張れば結構ものになるかも。

ソプラノ2年目のAna Jamesは今日はそれほど目立つ歌唱ではなく、あと1年頑張っても果たしてKatieの域に達するかどうか難しいところでしょう。
これに比べて珍しくもスリランカ人のKishani Jayasingheはレッジェロ系の魅力的な声とうまい歌唱の人で注目です。何よりも、しっかりとした個性的で美しい声が素敵です。
今夜本番を歌うというスケジュールのため、あと一人いるロシア人ソプラノMarina Poplavskayaは歌いませんでしたが、彼女もKatieと同様の高いレヴェルにいるので1年後には立派に巣立つ人でしょう。
[PR]
by dognorah | 2006-10-31 08:09 | コンサート
<< ネトレプコ/ビヤソンのオペラア... バレー「眠れる森の美女」(リハ... >>