ロイヤルオペラハウス昨シーズンの統計データ

2006年8月で終わった昨シーズンの活動について興味深い数字が一部ですが発表されています。それによりますと、

・£1の補助金(主に宝くじの収益金から回される)を使って£2の収益を得たお陰で7年連続の黒字決算を達成。(収益はたぶん寄付金、広告、入場料などでしょう)
・オンラインによる切符販売の売り上げは700万ポンド(15.4億円)以上。
・メインステージでの公演数は285。
・他のステージでの公演数は426。
・BP Summer Big Screensの聴衆は41000人以上。
・教育プログラムを通じて14万人以上の子供と親が参加。
・メインステージでの学校用のマチネー公演に9324人の子供が出席。

決算の詳しい数字というのは見たことがありませんが、興味津々です。発表されるものなのかどうか知りませんが。何はともあれシティが活況で寄付は集まりやすい環境だと思います。健全なる財政が継続して運営されるのはオペラとバレーファンにとっては歓迎すべきことです。
[PR]
by dognorah | 2006-09-29 03:26 | 観劇
<< オペラ「ムツェンスク郡のマクベ... モーツァルトのオペラ: 偽の女庭師 >>