PROMS:モーツァルトのレクイエム他

8月27日、ロイヤルアルバートホールにて。

演奏
ソプラノ:キャロリン・サンプソン(Carolyn Sampson)
メゾソプラノ:インゲボルク・ダンツ(Ingeborg Danz)
テノール:マーク・パドモア(Mark Padmore)
バス:アルフレード・ライター(Alfred Reiter)
合唱:Collegium Vocale Gent
管弦楽:Orchestre des Champs-Élysées
指揮:フィリップ・ヘレヴェッヘ(Philippe Herreweghe)

プログラム
モーツァルト:男声合唱と管弦楽のためのMeistermusik
モーツァルト:交響曲第39番ホ長調 K543
モーツァルト:レクイエム ニ短調 K626

ヘレヴェッヘという指揮者は1947年ベルギー生まれで、古楽器演奏とバロックを主体に活動している人である。今回の合唱団はベルギーで彼が創立した団体で、管弦楽はパリで創立したもの。他にも演奏団体を設立して分野に応じて使い分けているらしい。独唱のソプラノとテノールはイギリス人で、メゾとバスがドイツ人である。今日の演奏者は名前からしてパリから来たと思っていたが、それは管弦楽団だけだった。

ヘレヴェッヘのモーツァルトはイギリスや独墺系の演奏に慣れた耳にはちょっと戸惑った。リズムの取り方やフレージングの処理がかなり異なるスタイルである。39番の交響曲では、テンポはやや速めで、旋律をたっぷり鳴らすことなくせかせかと無機的に進めていく。スタイル的にはある程度古楽器の影響を受けていると思われるが、彼の解釈がこうなのだろう。弦弦楽は少人数の割にはそれほど透明感は感じられないが、ウインド系は結構上手い。

レクイエムはジュスマイヤー補筆版。これもこれまで慣れ親しんだ演奏とはずいぶん印象が違う。管弦楽の規模も小さいし、合唱も32人と比較的小規模なので、それに見合った音である。ダイナミックに畳み掛けるような迫力はないが、しっとりとしみじみ歌わせる演奏で、これはこれでなかなかのものと思った。独唱陣と合唱のレヴェルの高さは特筆に値する。ヘレヴェッヘとは何度も共演してきた人たちらしいからお互いに心が通じ合っているのだろう。その中でも特にソプラノのサンプソンが印象的である。声も歌も美しく気品が満ち満ちている。
c0057725_22175535.jpg

写真は終演後挨拶する指揮者と独唱者たち。
[PR]
by dognorah | 2006-08-28 22:20 | コンサート
<< PROMS:マズア指揮フランス... おいしいワイン2種 >>