PROMS:ゲルギエフ指揮マリインスキー劇場管弦楽団

8月19日、ロイヤル・アルバート・ホールにて。

出演
ヴァイオリン:ワディム・レーピン(Vadim Repin)
バス:ミハイル・ペトレンコ(Mikhail Petrenko)(Sergey Alexashkinの代役)
合唱:マリインスキー劇場合唱団(Mariinsky Theatre Chorus)
指揮:ワレリー・ゲルギエフ(Valery Gergiev)

プログラム
リャードフ(Anatoly Lyadov):From the Apocalypse
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調
ショスタコーヴィッチ:交響曲第13番 変ロ短調 作品113 “Babi Yar”

リャードフ(1855-1914)という作曲家の名前は初めて知った。リムスキーコルサコフの門下で、当時の多くの人から将来を嘱望される才能があったらしいが生まれつきのサボり癖のために演奏時間10分以上の作品は残さなかったという。
今日の作品も約10分程度のものだが、さすがにリムスキーコルサコフの薫陶を受けてオーケストレーションはなかなかすばらしい。そして、管弦楽団もかなりの実力を持っていることもわかった。完全にゲルギエフの手足となっている感じでもある。

ヴァイオリンのレーピンは1971年生れ。演奏を聴くのは昨年4月以来。あまり派手な動作をしないで、とてもノーブルな音色を出す人だ。演奏も中庸を得た模範的とも思えるスタイルである。伴奏とともに特に面白味は感じられないものの、格調の高い演奏であった。実演ではもっとエキサイトする方が私の好みではあるが。今日はTV中継もされていたので写真は録画したものからキャプチャーした。
c0057725_758634.jpg

メインのショスタコーヴィッチ13番は初めて聴く曲だ。エフゲニー・エフトゥシェンコの詩に基づいて1962年に作曲された。内容はBabi Yarという場所でナチスがユダヤ人を虐殺した事実を悼んだものであるが、スターリン共産党も同様のことをしていたことを糾弾する内容となっている。当時は雪解けのフルシチョフ時代であったが、既に旧守派の圧力に抗し切れない事態になっていた彼は、第1楽章で使われている歌詞を書き換える命令を下した。にも拘らず、今回内容を見るとかなり刺激的な言葉がそのまま残っており、よく演奏が許可されたものだと思う。ショスタコーヴィッチも取引が上手く、10月革命を讃えた交響曲第12番を発表する褒美として、交響曲第4番の初演、オペラ「ムツェンスク郡のマクベス夫人」の再演、およびこの第13番の初演を許可することを当局から引き出した。

曲は冒頭から最後までバス独唱とバス合唱団が歌う形式が取られている。第1楽章は印象としてはレクイエムで、ことのほか充実した音楽を感じる。第2楽章は彼によくあるちょっと陽気なリズムであるが歌詞的にはかなり深刻である。第3楽章以降は暗い雰囲気がずっと持続する。政治的メッセージを別にしても、虐殺された人々を悼む強い意思が音楽から感じられる。

バスのペトレンコはやや明るい声質で、ちょっと曲にそぐわない面もあったが、代役としては十分な歌唱であった。ちなみにこの人はえらくもてはやされる存在で、このPROMSでは翌日も予定されているので都合4回も出演する。
ゲルギエフの指揮はまず文句のつけようがない。かなりレヴェルの高いものであろう。
写真は、終演後のペトレンコとゲルギエフ。
c0057725_7584314.jpg

[PR]
by dognorah | 2006-08-21 08:00 | コンサート
<< PROMS:オペラ「ムツェンス... PROMS:ゲルギエフ指揮ロン... >>