カルロス・アコスタのトコロロ

Carlos Acosta: “Tocororo”, A Cuban Tale 
8月3日Coliseumにて。

Choreography and libretto: Carlos Acosta
Music: Miguel Núñez and Yadasny Portillo
Design: Salvatore Folino
Lighting: Carlos Repilado

Cast
Tocororo: Carlos Acosta
Tocororo as a boy: Lyván Verdecia
Father: Michel Ávalos
Clarita: Verónica Corveas
The Santera: Mireya Chapman
The Moor: Alexander Varona
Sloists and corps de ballet from Danza Contemporáanea de Cuba

Musicians & Arrangements
Bass: José Varona
Percussion: Hammadi Rencurrell
Keyboards: Yadasny Portillo
Batá: Dreiser Durruthy
Tumbadora: Dismer Hechavarría

アコスタの自叙伝をベースにした物語で、トコロロという名前の少年が田舎からハヴァナに出てきてダンサーとして大成していく様をダンスを主体とする演技で綴ったもの。
人気のあるアコスタ見たさに満員の観客が詰め掛けていて、舞台はそれなりに面白かったが、アコスタのダンスをもっとたっぷり見たかった。やや欲求不満。ロイヤルオペラが夏休み中のアルバイトという感じである。相手役のVerónica Corveasはキューバ国立バレー団所属であるがカルロスと高度のテクニックで踊るにはちょっと技量不足か。
写真はカーテンコールの両者。
c0057725_0294892.jpg

[PR]
by dognorah | 2006-08-05 00:31 | バレー
<< ボリショイの「白鳥の湖」 欧州ドライヴ旅行-ランス経由ブ... >>