ヴェローナのオペラ「カルメン」公演

7月18日、Arena di Veronaにて。
夏の間のOpera Festivalとして名高いヴェローナのローマ遺跡での公演を初めて観ましたが、想像をはるかに上回るすばらしさで、ほんとうに感動しました。
c0057725_521183.jpg

Carmen by Georges Bizet (1838-1875)
Libretto: Henri Meilhac & Ludovic Helévy after Merimée


Carmen: Luciana D’Intino
Micaëla: Maria Luigia Borsi
Frasquita: Cristina Pastorello
Mercedes: Milena Josipovic
Don José: Marco Berti
Escamillo: Giorgio Surjan
Dancairo: Franco Previati
Remendado: Luca Casalin
Zuniga: Victor Garcia Sierra
Morales: Marco Camastra

Direttore: Lu Jia
Regia e scene: Franco Zeffirelli
Costumi: Anna Anni
Coreografie: El Camborio
オーケストラについては主催側資料に記述がなく、不明。

歌手
女声陣はカルメン、ミカエラを筆頭に全てよい声と歌唱でしたが、特にカルメンを歌ったルチアーナ・ディンティーノには圧倒されました。2万人が座れるというこの広い野外円形劇場はマイクを使わないのですが、彼女の美声は隅々まで響き渡ります。歌唱もすばらしいし、演技もまさにカルメンにふさわしい。すごい歌手です。
ミカエラを歌ったボルシは声量こそカルメンにはかなわないものの、そこそこの声量で歌が上手く、いいソプラノであることはすぐわかります。
ドン・ジョゼを歌ったベルティも美しい張りのある声をした、いいテノールです。やはり声量はカルメンにはかないませんが。ミカエラとの2重唱は声量的なバランスがよく取れるので両者の美声はとても聴き応えがあります。ブラヴィをたくさん貰っていました。
しかし、エスカミーリョがひどかった。いいバリトンは世界的に豊富に存在するのに何でよりによってこういう人を、と思ってしまいました。声量は並、声はあまりよくない、歌が下手、といいところなしで、闘牛士の歌も盛り上がらず。私から唯一ブーを貰った人です。他の男声陣はそこそこ上手かったので余計目立ちました。闘牛士らしい見栄えのする衣装がよく似合っていただけに惜しいことです。
合唱は大人数ですがアンサンブルがすばらしく、すごい迫力でした。

指揮者
中国人指揮者のルー・ジァは派手ではないものの音楽を手堅くまとめていました。オケの響きは歌ほどよくなかったです。歌手は舞台上で円形の壁に近いところで歌うけれど、オケは一段下がった位置で、壁の恩恵を受けないせいでしょうか。通常の第1ヴァイオリンの位置にチェロが配置されているのが変わっています。音響の点で試行錯誤した結果でしょうか。

演出
しかし、この公演を印象深いものにしたもう一つの要素はその舞台演出でしょう。全体的に伝統的なものですが、広い舞台を余すところなく使い切るデザイン、大勢の登場人物や10頭以上の馬などが無駄なく動き回る統率力、見栄えのする装置や背景、さすが名監督ゼッフィレッリの作品で、Spectacularという言葉がぴったりの出来です。ダンサーたちの踊りも見応えがありました。衣装も雰囲気を盛り上げるいいデザインです。
c0057725_53390.jpg

次の写真は終演後の歌手たちのカーテンコールです。中央の指揮者の両隣がカルメンとジョゼ、ジョゼの隣がミカエラです。
c0057725_535327.jpg


その他雑感
・次の写真は開演前の舞台の準備の様子ですが、遠景の山々が描かれたパネルに仕掛けがあって、下部をめくるとセヴィリアの町並みが現れます。係員が二股状の道具とロープを使って次々とめくっていくと見事に町並みに変化していくのが面白くて写真に撮ってしまいました。
c0057725_552898.jpg

・始まる前に観客は一人一人小さなローソクに火を灯します。次の写真は舞台の正面の席の様子ですが、小さな明かりに雰囲気が感じられます。これは1913年にこのヴェローナ音楽祭がヴェルディ生誕100年を記念して始まったとき、まだ電気設備がなくて全体が暗かったこともあって、台本を読む明かりとして観客によって使われ始めたのが今日でも伝統として残っているということです。
c0057725_563741.jpg

・カーテンコール終了後歌手達とダンサー達が舞台右袖に集まりました。そして各歌手がダンサーを相手に踊り出しました。指揮者も参加して、やんやの喝采を浴びています。
c0057725_18111684.jpg

・開演が午後9時15分、終演が午前1時15分でした。4幕物のオペラなので3回のインターヴァルがあります。手動で次の舞台をセットするのでどうしても時間がかかってしまうのです。ヴェローナは昼も夜も雲ひとつない快晴で安心して野外オペラを堪能しましたが、時には雨が降って中断や中止になることもあるらしく、その点私たちはラッキーでした。開演直後は扇子が欲しい状態でしたが終演ごろはちょっと肌寒い程度まで温度が下がりました。
・観客は玉石混交で、値段の高いアリーナ席は男女ともかなりのおしゃれ姿です(イヴニングドレス+ダークスーツ)。私の座った階段状の指定席でも女性は結構頑張っています。野外劇場だからもっとラフだろうと高をくくっていましたがとんでもない。イギリスとは違いますね。上段の自由席になってようやくGパンや短パン姿が認められました。マナーはかなり悪い人が混じっています。開演直後は携帯の呼び出し音が聞こえるし、開演から終演までひっきりなしにカメラのフラッシュ攻勢です。これはかなり気になります。
・席の予約はインターネットでやりましたが、確認電子メールのコピーを持ってオフィスに行き、切符と交換するシステムです。ところが、これからの公演を予約する人たちと一緒に行列するので、1時間も炎天下で待たされる羽目になりました。私は交換するだけなので1分で済む作業です。効率の悪さにあきれてしまいます。交換は公演当日に限られているので、何公演も予約した人はそのたびにこの行列の苦痛を味わうことになります。イタリアは郵便事情が悪いので主催側は大事をとって郵送サーヴィスをしないのです。
・今年は様子見のため1演目しか見ませんでしたが、来年はぜひ3演目ぐらい見たいものだと家内と意見が一致しました。彼女も今回の公演には大感激したのです。
[PR]
by dognorah | 2006-07-27 05:11 | オペラ
<< ヴェローナの街 オペラ「トゥーランドット」公演 >>