モーツァルトのオペラ「ツァイーデ」(Zaide)

作品:Zaide、二幕構成のジングシュピールの断片、K344/336b
作曲:Wolfgang Amadeus Mozart (1756-91)
台本:Johann Andreas Schachtner (after 'Das Serail' by Franz Josef Sebastiani)

7月6日、バービカンホールにて。semi-staged形式によるコンサートです。ただし、演出家の意思がきちんと反映されている分、ちょっと普通のコンサートとは異なります。バービカンとNYのリンカーンセンターとの共同制作で、今年のWiener Festwochenで公演されたものとオーケストラ以外は全て同じキャストです。

このオペラの背景
1779年、モーツァルトが23歳のときの作品だが未完のまま放置された。ドイツ語の台本に基づいている。政治的な内容で、西洋とムスリムの関係、権力者と奴隷に代表される二極対比を浮き立たせた内容である。同様のテーマで作曲しながらやはり未完に終わった同じ頃の作品に「Thamos, König in Ägypten」があり、今回の制作側はツァイーデの足りない部分をタモスの音楽で補うことで形を整えた。
それに加えて、モーツァルトは奴隷制反対の意志を貫いていたとして、このオペラを反奴隷キャンペーンの一環とし捉える解釈を示した。そのために、オペラの開始前にIntroductionと称して演出家ピーター・セラーズ自身が出てきて解説すると共に、Anti-Slavery InternationalのディレクターとThe POPPY ProjectのChief Executiveも登場させてそれぞれ一席ぶたせたのである。今更なぜ奴隷反対を声高に叫んでいるかというと、現代の西欧社会では貧困国の少女が性奴隷として強制労働させられている現実を何とかしたいということを強調したかったようだ。特にThe POPPY Project(そのような被害女性を救うプロジェクト)の人は如何に少女がイギリスに連れてこられて売春婦として働かされているかの現実を非常に細かい具体例を挙げながら微にいり細にわたり辟易するぐらい説明するものだからこのイントロダクションだけで25分もかかってしまった。オペラを聴きに来たのにそういう演説を聴かされて聴衆も少々うんざりだが、これがピーター・セラーズなんだと納得するしかない。

キャスト
Zaide: Hyunah Yu (soprano)
Gomatz: Norman Shankle (tenor)
Allazim: Alfred Walker (bass-baritone)
Soliman: Russel Thomas (tenor)
Osmin: Terry Cook (baritone)

Conductor: Louis Langrée
Orchestra: Concerto Köln
Director: Peter Sellars

原作のあらすじ
トルコのサルタンに囚われている奴隷のツァイーデとゴマツが恋に陥り、古手奴隷のアラジンの助けを借りて脱走する。彼女を寵愛していたソリマン(サルタン)は奴隷商人のオスミンからいくらでも他の奴隷を補充できるからといわれても承知せず激怒して国中を捜索して二人を捕える。ゴマツに対して殴る蹴るの暴行を加えて憂さを晴らすもツァイーデの服従は得られず途方にくれる。はたして二人を殺してしまうのかそれとも二人の愛に免じて許すのかと逡巡するところでオペラは終わる。

ピーター・セラーズは現代の工場で強制労働させられる従業員と彼らを管理する工場長(ソリマン)という設定にしています。舞台には下の写真のようにミシンが並べられ、従業員が寝るためのシュラーフが置いてあります。左端の事務机がソリマンの机です。
c0057725_2111098.jpg

歌手陣はタイトルロールが韓国生れの人ですが国籍は米国で、男性陣は全て米国籍の黒人です(これも意図的にそうしたのでしょう)。Yuのソプラノは声量がやや小さいけれど声質は甘く、高音までよく伸びる心地よいもの。Thomasのテノールはすごい。艶と張りのある強靭な声で、声量もたっぷり。METでは端役しか出ていない人らしいがぜひROHで歌って欲しい。バスバリトンのWalkerもいい声で歌も上手くすばらしい歌手です。さすがに米国はオペラ歌手も黒人がたくさんいるようです。イギリスではあまり目立たず、有名どころではWillard Whiteぐらいしか知りません。

指揮は派手ではないけれど、きっちりモーツァルトのバロック的要素を表現しています。
1幕目が終わった後かなりの客が帰ってしまいましたが、コンサート形式といえども舞台設定に不満があるのか、あるいはピーター・セラーズのやり方が気に食わなかったのか、ちょっと不可解です。
写真は、左から指揮者、演出家、ユー、シャンクル、ウオーカー、トーマスです。
c0057725_2114484.jpg

[PR]
by dognorah | 2006-07-07 21:08 | オペラ
<< シューベルトの歌曲集「白鳥の歌」 東京弦楽四重奏団(Tokyo ... >>