東京弦楽四重奏団(Tokyo Quartet)演奏会

7月3日、Stationers’ Hallにて。City of London Festivalの一環。全4回の公演のうちの第3回目。このStationers’ Hallは、15世紀に各種設立されたギルドのうち本を作ったり売ったりしていた人たちの本部的存在であった。現在は貸しホール的存在である。下の写真に外見とホールの内部を示す。演奏者は中央のステンドグラスの前に位置する。
c0057725_23551617.jpg

c0057725_23555226.jpg

ロンドンはこの夏一番と思われる暑さで、30度を超えたらしい。夕方にはやや涼しい風が吹いていたが、冷房のない古い建物の中は昼間の熱気がそのままで、コンサートのため窓は閉じたまま。聴衆は聴いているだけだけど、演奏者は燕尾服でかなりの運動量、さぞかし大変だっただろう。文字通り熱演であるが、すばらしいエネルギーを発散させていた。

Tokyo Quartetは1969年に桐朋学園出身の奏者たちによって設立された団体で、メンバーの交代を経ながら現在も次の4名で活発な活動を行っている。日本音楽財団より貸与されている楽器はThe Paganini Quartetと名づけられた由緒あるもので、全てストラディヴァリウスとのこと。
第1ヴァイオリン:Martin Beaver
第2ヴァイオリン:Kikuei Ikeda
ヴィオラ:Kazuhide Isomura
チェロ:Clive Greensmith

このうち、ヴィオラ奏者が設立以来のメンバーだそうで、多分リーダー的存在のせいなのか通常のカルテットの配置と違って右端に座って演奏している。

プログラム
モーツァルト:弦楽四重奏曲ヘ長調 K590
間宮芳生:弦楽四重奏曲第3番(A Song the White Wind)
ブラームス:弦楽四重奏曲変ロ長調 Op.67
ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲アメリカの第4楽章(アンコール)

モーツァルトの第1印象は4人の奏でる音がとても透明で美しいこと。アンサンブルは何も言うことなし。すばらしい音楽がホールに満ちる。丁度演奏が終わったときに近くの教会から鐘の音が聞こえて、みんな笑いながらも盛大な拍手。時計を見たら8時だった。

間宮の音楽が欧州で演奏されることは珍しいことと思う。私も聴くのは初めてである。聴いて、自分の現代音楽好みが再確認できた。先のモーツァルトの後なので余計新鮮に聞こえた面があるとは思うが、その美しさよりも何かを切り開こうとするような鋭さを持ったこの音楽の方が好きだ。不安や不確定性も強く感じられるが、二人の日本人メンバーのお陰で解釈的にも問題ないのだろう、心に素直に入ってくる演奏だ。

ブラームスは、実に緻密な演奏で隙というもののない完成度の高さに感心した。この暑さのもとでよくこれだけ精神を集中できるものだ。3つの作品の中では音楽的にはやはり一番深さを感じる作品である。

写真は終演後のTokyo Quartetで、左から第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラの各奏者である。
c0057725_23563123.jpg

[PR]
by dognorah | 2006-07-04 23:53 | コンサート
<< Lichtenstein Ch... スポーツ雑感 >>