裸足のソプラノ、カリタ・マッティラのリサイタル

6月12日、バービカンホールにて。
これを書いている本日は急に涼しくなりましたが、この12日は先週から続いている真夏がピークに達しそうな勢いでした。何でこんな暑いときに連日コンサートなんだー、と愚痴ってみても切符を買ったのは寒い時期。バービカンホールは冷房がよく効くのでシャツ一枚で通すわけには行かず、上着は必須です。ロンドンの南の端に住む私は北の端にあるバービカンまでBR (British Rail)、地下鉄、バスの3種類を乗り継ぐことになるのですが、冷房があるのはBRだけです(それがまたシンガポールの地下鉄みたいによく効くのです)。コンサート通いも楽ではありませんね。

マッティラはフィンランドのソプラノで1983年にカーディフの声楽コンクールで優勝してから世界の桧舞台に登場し、いまや引っ張りだこのヴェテランソプラノです。1960年生まれなのでまだ46歳、現代の歌手の寿命から言えばまだまだ活躍するでしょう。
私は、ロイヤルオペラの舞台で2004年6月の「アラベラ」のタイトルロールと2005年4月の「仮面舞踏会」のアメリアを聴いて大感動し、すっかりファンになってしまいました。
彼女自身カーディフで優勝したこともあってイギリスは好きなようです。会場にはとても熱心なファンがいて、舞台に登場するだけでブラボーが飛び交います。しかしルネ・フレミングやチェチリア・バルトリのようには満席になりません。やはり彼らに比べて地味な存在なのか、あるいはレパートリーがドラマティックソプラノであることが響いているのか。でも人気アーティストとは聴衆の層が全く違うみたいで、本当に音楽を愛する人たちが集まっている感じです。昨日のラン・ランでは演奏前後はカメラのフラッシュの嵐だったのですが今日は一人もいません(こっそり撮ったのは私ぐらいかも)。

出演
ソプラノ:Karita Mattila
ピアノ:Martin Katz

プログラム
・Samuel Barber (1910-1981)
Hermit Songs, Op.29

・Eight Finnish Songs
Toibo Kuula (1883-1918)
Aamulaulu, Op.2-3
Syystunnelma, Op.2-1

Erkki Melartin (1875-1937)
Mirjamin laulu I, Op.4-3
Mirjamin laulu I, Op.4-3

Oskar Merikanto (1868-1924)
Soi vienosti murheeni soitto, Op.36-3
Kun päaiva paistaa, Op24-1

Leevi Madetoja (1887-1947)
Luulit, ma katselin sua, Op68-3
Tule kanssani, Op.9-3

・Hugo Wolf (1860-1903)
Six Lieder from the Spanisches Liederbuch

・Enrique Granados (1867-1916)
La maja y el ruiseñor

・Joaquín Turina (1882-1949)
Poema en forma de canciones, Op19

前半はまずイギリスの作曲家を取り上げ、次いで母国の歌を披露する、というのはよく考えられた順番ですね。後半は主テーマをスペインにしてヴォルフと二人のスペインの作曲家というのも凝っています。
こういった歌曲のことはあまりよく位置づけがわかりませんが、彼女の歌唱には圧倒されました。豊かな声量と厚みがありながらもどんな高音でも苦もなく出てしまう美しい声。微妙なニュアンス表現で要求される弱音での音程の確かさも非の打ち所なし。
私は特に前半のフィンランドの4人の作曲家の歌にとても惹かれました。彼女の歌もさすがに母国のものに対する完全な自信が伺えて、乗りに乗っている感じでした。

前半は真っ白のドレス、後半は薄いブルーのドレスで服装にも凝る人です。彼女は背の高い人だけどピアニストは背の低い人で彼女の肩辺りまでしかありません。各作曲家の曲が終わるたびに二人で抱き合いますが、いつも彼女は彼の頭にキスしていました。デブのソプラノが横行している中、彼女、この歳になってもよくシェイプを保っているのは立派なものです。

よくしゃべる人で何かにつけて聴衆に冗談を言って笑わせます。そして全ての人が驚いたことに、アンコールの段になって「つらいから靴を脱がせて貰うわ」といって裸足になったのでした!(下の写真)そして裸足のまま楽屋とステージを往復してアンコ-ルを2曲歌ったのです。ハイヒールがよほど足に合っていなかったのか。しかしくだけた人です。
c0057725_2235416.jpg

アンコールこそオペラのアリアだろうと思っていたけれど、残念ながら2曲とも歌曲でした。更なる拍手を静止して「もう終わりよ」とミュージカル「ウエストサイドストーリー」の有名な曲Tonightの歌詞を変えて、Good night~Good night~と歌いながら楽屋へ引っ込みました。その歌が絶品といえるすばらしさ!

来年3月にロイヤルオペラでフィデリオを歌いますが、それまではロンドンでの予定がないのが残念。

なお、今回のコンサートの模様はBBC Radio3によって録音され、7月2日のSunday Galaというプログラムで放送されるそうです。ネットでも聴けるはずです。
[PR]
by dognorah | 2006-06-14 22:06 | コンサート
<< モーツァルトのヴァイオリンソナ... ゲルギエフ指揮ロッテルダム・フィル >>