ゲルギエフ指揮ロッテルダム・フィル

6月11日、バービカンホールにて。
ゲルギエフはショスタコーヴィッチ生誕100年を記念してバービカンホールで複数のオーケストラを振ってショスタコーヴィッチの全交響曲演奏を行っていますが、これはその中の一つです。今回は自分が音楽監督をしているロッテルダム・フィルを連れてきました。

出演
ピアノ:Lang Lang
合唱:London Symphony Chorus
管弦楽:Rotterdam Philharmonic Orchestra
指揮:Valery Gergiev

プログラム
ショスタコーヴィッチ:交響曲第3番 変ホ長調 作品20“May Day”
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番 ト長調 作品58
ショスタコーヴィッチ:交響曲第15番 イ長調 作品141

第3番は単楽章で演奏時間30分程度と短いながらも最後の5分ぐらいが大合唱付きです。それまでの管弦楽は賑やかな行進曲風の同じリズムのヴァリエーションを繰り返す場面が多く、やや単調ともいえる構成で魅力的な曲とはいえない。合唱部分に入ってやっと音楽らしくなる。合唱団の実力が目立つ演奏でした。合唱団はこれだけだと物足りないというがごとく、そのまま座り続けて次のピアノ協奏曲は観客として参加していました。

初めて聴くラン・ランのピアノはダイナミックな弾き方ではなく、曲の持つニュアンスを丁寧に表現するピアニズムと見ました。第2楽章などそのスタイルにぴったしで、美しい弱音が大活躍します。曲の持つダイナミックな部分はもっぱらゲルギエフが強調して表現しピアノの小さめの音量と対照をなして結構効果的でした。彼は協奏曲が意外にうまい人だと認識しました。今回の演奏が好演であったとすればそれはゲルギエフの寄与もかなりのものです。ラン・ランが全てこういう演奏をする人なのかどうかは知りませんが、細やかな音で音楽的表現を目指している気がします。そのスタイルではベートーヴェンの5曲のうちではこの第4番が最も適しているのでしょう。耳を澄まさないと聞こえないような音が多いけれど、すばらしく叙情的で美しい。特にコンクール歴があるわけでもないのに世界中でもてはやされているのは、そうして表現される豊かな音楽性のせいですね。私自身が好きなピアニズムとはちょっと距離がありますが、これはこれで存在価値のあるスタイルというのは理解できます。
アンコールはよくわかりませんが恐らくモーツァルトの何か。それも同じスタイルで、実に楽しげに体を揺らしながら演奏していました。聴いている方も頬が緩んでくる感じです。
c0057725_23494276.jpg

このあとのインターヴァルに結構な人数の聴衆が帰宅しちゃいました。キャンセル待ちの行列が出来ていたぐらいの人気はラン・ランのせいで決してゲルギエフでもショスタコーヴィッチでもないことがよくわかりました。地味な演目に華を添えて客を呼ぶ作戦は大成功というわけです。
ショスタコーヴィッチの15番は1971年作曲で彼の最後の交響曲ですが、晩年で、もうあまりエネルギーを注入できる状態ではなかったのか、あるいは彼の行き着いたところがこういう境地だったのか、音が賑やかに鳴る場面はいっぱいあるものの全体としてはとても枯れた曲という印象です。第1楽章はチンチンという鐘の音で始まり、なぜかロッシーニのウイリアムテルを思わせるメロディーが頻繁に出てきます。実演で聴くのは初めてですが、ちょっと退屈なところもあり、あまりよくわからない曲です。
c0057725_23503678.jpg

[PR]
by dognorah | 2006-06-13 23:51 | コンサート
<< 裸足のソプラノ、カリタ・マッテ... ミハイル・プレトニョフのピアノ... >>