Thomas Adèsのオペラ - Powder Her Face

6月7日、バービカンホールにてコンサート形式(ドレスリハーサル)。
このリハーサルはロイヤルオペラのフレンズに対してオファーがあったので行ったもの。観客は関係者を含めて数十人のみ。本番は翌日の8日に公演される。

c0057725_0103197.jpgThomas Adèsという人(左の写真)は1971年にロンドンで生れた作曲家、ピアニストで指揮者でもある。ケンブリッジ大学のKing’s College卒業。シェークスピアに基づいた最新のオペラThe Tempestは2004年にロイヤルオペラで初演されて好評だったらしいが私は行きそびれてしまった。

本日の演目は彼が24歳のときに作曲した初のオペラ作品で、作曲家自身が指揮する。リブレットは誰の作品か書かれていないので不明であるが言語は英語。物語は20世紀のイギリス。上演時間は正味2時間。室内オペラということで管弦楽は15人編成。弦と管が主要楽器一人ずつ、アコーディオン、ハープ、ピアノ、打楽器群といった構成。

あらすじ
Duchess of Argyllの男漁りをするスキャンダルに満ちた半生を描いたもの。Dukeから離婚されて一人でホテル暮らしをし、支払不能になって追い出されるのだが、その間に過去のいろいろな出来事を思い出す。その思い出話がオペラの大部分を占める。オペラとして評価は高い反面、真に迫ったフェラチオの“音楽的”描写で悪評もある。バービカンの宣伝でも子供向きではないと書いてある。

出演
公爵夫人:Mary Plazas (mezzo-soprano)
電気技師(兼ホテル従業員):Daniel Norman (tenor)
メイド:Valdine Anderson (soprano)
ホテルマネージャー(兼公爵):Stephen Richardson (bass-baritone)
指揮:Thomas Adès
管弦楽:LSO Chamber Ensemble

音楽
序曲はバーンスタインまたはミュージカルを思わせる音とメロディーで陽気に始まる。金管の音はかなり鋭く、不協和音もいっぱい。公爵家のメイドと何かの修繕に来た電気技師との噂話がひとしきり描写されるがソプラノの音域はかなり甲高いもので、それをアンダーソンはよく通る美しい声で歌う。そのあと、ホテルの部屋にいる公爵夫人の描写に移るが、この頃にはアデスの音楽にはかなり慣れてくる。打楽器群の使い方がとても効果的。夫人がルームサーヴィスを依頼し運んできたウェーターをソファーに座らせてフェラチオをするのだが、開始から終了までのメゾソプラノによる表現は確かに想像力を十分に掻き立てるリアルなもの。歌手もなかなか大変だけどこのメゾソプラノさんもここだけではなく歌も声もとてもすばらしい。今回はテノールの声の張りがやや不足と思った以外は全て水準の高い歌手である。曲の持つきめ細かい描写に対して管弦楽も含めてとても表現力が高い。さすがに作曲者の指揮である。前半と後半に一回ずつ音楽を止めて歌手に指示を出し、歌い直させる場面があったが、歌手はすぐ指示を飲み込んで対応していた。
全体的印象としては面白い音楽だった。舞台パフォーマンスは演出家によってかなり左右されるので実際に見るまではなんともいえないけれど。
[PR]
by dognorah | 2006-06-09 00:11 | オペラ
<< 久しぶりにおいしいレストランへ 調子の悪いテノール >>