市川海老蔵(11代目)ロンドン公演

6月4日、Sadler’s Wellsにて。

ここで歌舞伎をやるのは3-4年ぶりか。前回は近松の浄瑠璃「曽根崎心中」をやったので中村雁次郎と扇雀など今回よりたくさん来てはるかに華やかな歌舞伎だったけれど(浄瑠璃は本当の歌舞伎じゃないという意見もありますが)今回は主演二人だけの小規模公演です。

演目
・藤娘(30分)
   市川海老蔵(藤娘)
・かさね(50分)
   市川亀治朗(かさね)
   市川海老蔵(与右衛門)

藤娘は海老蔵の女形としての踊り。しらふのときと酒を飲んで酔っ払ったときの踊りの違いを見せる。衣裳を2回替えるので舞台上での早業を見れるのかと思ったら、全くそんな用意はしていなくて舞台裏に引っ込んでかなり時間をかけて着替えただけ。イギリス人観客も多かったので引き抜きの技を見せてあげたかったなぁ。

かさねは怪談物。人殺しなど平気でやってのける悪浪人、与右衛門は腰元のかさねに手をつけて妊娠させてしまう。当局から追及の手が伸びているのでとんずらを考えているがかさねから一緒に連れて行けと縋られてしまう。そこに川の水に流れて鎌が刺さったどくろが到着する。卒塔婆も一緒についており、それはかつて与右衛門が殺した男のもの。ところがその男はかさねの父親であり、自分を殺した憎い男と駆け落ちしようとする娘に憑依して顔に醜い傷跡を現す。それを見て嫌気が差した与右衛門はその鎌を使って彼女も殺す。
c0057725_0592938.jpg

c0057725_12068.jpg

荒事の様式がきちんと表現された本物の歌舞伎でした。海老蔵も悪くなかったけれど題名役の亀治朗はとても上手かった。写真はカーテンコール時のものです。下の写真は、花道もちゃんと作ってあるところを示したものです。藤娘でカーテンコールがなかったのは残念。
前回のときもそうだったけれど、イギリス人観客で声を出す人が数人いて、盛んに「Naritaya!」とか「11代目!」とか掛け声を発していました。また、私たちの隣にいたイギリス人女性の二人組は歌舞伎を見るのは初めてで翻訳機も借りずに見ていたのに、舞台だけで大体の筋を掴んで感動して泣いていました。全くの異国の文化を見るために大枚叩いて入場するというのも感心しますが、それを理解するという感受性にも感嘆です。こういう人たちが多くの芸術を支えているんでしょうね。
私はもっと別の演目、例えば「勧進帳」みたいなのを見たいものだと思っていますが、ここはロンドン、贅沢いっちゃいけませんね。次回はいつになるでしょう。
[PR]
by dognorah | 2006-06-07 01:04 | 観劇
<< 調子の悪いテノール 女子テニス界はシェープアップが... >>