Yuki Negishi ピアノリサイタル

5月18日、ハイドパークチャペルにて。
約2ヶ月ぶりにこの教会に来てみたら以前のコンサート担当者がアメリカから戻ってきていてお互いに再会を喜びました。彼女の、演奏者と聴衆を交流させようというやり方が好きです。

プログラム
Sofia Gubaidulina:Chaconne (1962)
Franz Liszt:Ricordanza (Transcendental Study No.9)
Franz Liszt:Harmonies du Soir (Transcendental Study No.11)
Ludvig van Beethoven:Sonata No.30 in E major, Op.109

Yuki Negishi(根岸由起)さんは、1977年生れ。5歳のとき方NYでピアノを始め、10歳のときにジュリアードのPre-College Divisionに入学、12歳で日本に帰国、桐朋学園に入り大学を卒業後The Amsterdam Conservatoryを経てロンドンのRoyal College of Musicでも学んだ。現在はそこのArtist Dioloma Programmeで研鑽を積んでいる。
数々の賞を取って、UK、オランダ、フランス、ドイツ、ルーマニア、日本、米国で演奏活動をしてきた。

演奏は全てすばらしいものでした。特に音が一音一音磨き上げられたかのように美しいのに感心。ここのピアノは教会が外装を他の調度品のデザインに合わせて特注したスタインウエーの小型グランドピアノですが、今まで聴いた限り、ピアニストによっては汚れた音が出る扱いにくそうな楽器です。そのピアノがまるで別物のような音を奏でます。

1曲目のシャコンヌはつい1ヶ月前のMari Sakataさんのリサイタルで聴いたばかりです。このような頻度で演奏されるということはグバイドゥーリナも随分ポピュラーな作曲家になったのだといえるでしょう。この曲は演奏時間10分足らずで演奏しやすいということがあるからかもしれませんが、何と言っても聴き応えのある曲だし演奏家の共感を得やすいのだと思います。なお、作曲年は今回は1962と標記されていたのでそれに従いましたが、Mari Sakataさんのときは1961とされ、ネットで調べたら1963という説も出てきて、正確なところは不明です。あるいは作曲家による改訂があったか。
演奏ですが、Mari Sakataさんと比べるとダイナミズムの点で控えめな性格(舞台での振舞いから判断)が反映されている気がしますが、音楽そのものは魅力的です。スタイルの違いといってもいいでしょうが、前回はベーゼンドルファーのフルコンサートグランドであったことも影響しているかもしれません。

2曲のリストの作品は続けて演奏されましたが、今日一番感銘した演奏でした(特にRicordanza)。抒情性溢れる詩が煌めく音を通してジーンと心に染み入る気がします。曲の持つ良さを余すところなく表現する丁寧な演奏でした。

ベートーヴェンの30番も魅力的な演奏ですが、特に第3楽章の内省的なニュアンスがよく表現されていたと思います。聴き応え十分。さすがにRCMのベートーヴェンコンクールで2位を獲得した実力の持ち主です。

今後の活躍を期待したいところですが、コンクール暦を見ても優勝経験がないということは何か飛び抜けて目立つところがないのでしょう。そこが問題かもしれません。
[PR]
by dognorah | 2006-05-19 21:10 | コンサート
<< 歌劇「フィデリオ」(コンサート形式) シラノ・ド・ベルジュラック(2回目) >>