シモン・ボッカネグラ – パリオペラ座

5月3日、新演出によるヴェルディのオペラの初日を見てきました。

Direction musicale:Sylvain Cambreling
Mise en scène:Johan Simons
Décors:Bert Neumann
Costumes:Nina von Mechow
Lumières:Lothar Baumgarte
Dramaturgie:Koen Haagdorens
Chef des Choeurs:Peter Burian

Simon Boccanegra:Carlos Alvarez
Jacopo Fiesco:Ferrucio Furlanetto
Maria Boccanegra (Amelia Grimaldi):Ana Maria Martínez
Paolo Albiani:Franck Ferrari
Gabliele Adorno:Stefano Secco
Pietro:Nicolas Testé
Un araldo:Jason Bridges

このオペラはロイヤルオペラで何度か聴いていますが、恐らく最後に見たのが10年以上前のことで、キャストは忘却のかなたです。(修正:その後調べたら2002年にも見ていることが判明。記憶の悪さには困ったもの)複雑な筋もあまり覚えていなくて、オペラの進行と共に少しずつ思い出しましたが、イタリア語の歌でフランス語字幕というのはちょっとつらいものがありました。切符が取れるかどうかわからなかったこともあって予習をサボったのです。

演出は現代風で、男性登場人物はほとんどすべて背広姿なので、最初は誰が誰だかとてもわかりにくい。唯一の女性はほとんどの場面でこれから服を着ようという下着姿なのはよくわかりません。
舞台はきらきら反射するたっぷりドレープを取った床から天井までのカーテンのようなもので3方が囲ってあり、中央には1mぐらいの高さの台の奥の方にフィエスコの顔を選挙ポスターのように大きく印刷した看板状のものが立っているだけの装置。フィエスコの屋敷を表しているようです。第2幕以降はこの写真がボッカネグラのものに変わるだけ。総督に選ばれたシモンの屋敷なのですが、全体としては低予算型の舞台です。合唱隊が扮する群衆も現代の若者のラフな格好そのまま。ロイヤルオペラでトラディショナルな舞台しか見たことがないものにとっては、かなり戸惑います。それは私だけではなかったらしく、終演後登場した演出家たちは盛大なブーを受けていました。コヴェントガーデンでのやさしいブーに比べるととても厳しいものでした。

カンブルランの指揮はとてもすばらしいと思います。管弦楽の音もよく、美しく劇的なヴェルディの世界を余すところなく表現していて感動的でした。バスティーユのオペラ座はとても大きい空間ですが、音響装置的な表現をするととても音の抜けのよい状態で、全く飽和することがないけれど小さな音の細部までクリアに聞き取れるきわめて質の高い音響空間です。ちょっとコヴェントガーデンでは体験できないものですね。とても好きになりました。

今回の出演歌手で過去に体験したことのある人は、バスのフェルッチョ・フルラネットとソプラノのアナ・マリア・マルティネスだけです。あとの歌手はステファノ・セッコがテノールで残り全てがバリトンですが、全てすばらしい歌唱を聴かせてくれました。

タイトルロールのアルヴァレスはスペイン出身のバリトンで40歳、声量もあるし歌も上手かった。
バスのフルラネットはものすごい声量というわけではありませんが、十分魅力的な低音です。演技もよかったと思います。
マルティネスは最近ロイヤルオペラでヴィオレッタをやった人で、私はリハーサルのときに聴いてすばらしい声と歌唱を体験していますが、ロンドンの椿姫さんをはじめ他の方々が行った初日は調子が悪くて散々な批評を貰っていましたので、今回の初日もちょっと心配ではありました。しかしそれは幸いにして杞憂で、最高音でちょっとかすれる場面が何回かあったものの全体的にはとても満足のいく歌唱でした。ビロードのような美しい声は何度聴いても心地よい。
フェラーリはバリトンとしての音質はあまり好きではないけれど歌は悪くはなかった。
テノールのセッコはこれまたすばらしい歌唱を聴かせる人で、例によって背が低くて頭の前がちょっと禿げ上がっていますがまだ30代半ば、注目すべき歌手と思いました。マルティネスとの2重唱などうっとりしてしまいます。
合唱はびっくりするぐらい大人数が群集として舞台に登場したのですが、その歌の上手いこと、感嘆しました。ヴォリュームは当然あるわけですがアンサンブルがすばらしい。コヴェントガーデンは負けるのでは?と思いました。

終了後の歌手に対するブラヴォーは一人一人に対して盛大なものでしたが、先に書きましたように演出、衣装、舞台装置の3人が登場したとたんそれが全てブーに変わりました。
写真の茶色のジャンパー姿が演出のヨハン・シモンズです。
c0057725_21332429.jpg

というわけで、演出面ではやや不満ながら音楽的には非常に質の高い公演でした。パリに住んでいれば後何回か行ってしまうでしょう。

バスティーユは初めての体験だったのですが、観客の服装がさすがにロンドンと比べておしゃれです。見ていて楽しい。ロンドンでもおしゃれな人はいますが注意して見るとそれはイタリア人だったりします。

劇場の内部はとてもよく設計されていますが、ロビーなど収容人員に比べて狭すぎるような。それと、終わってから外へ出るまでに多大な時間を要するのはコヴェントガーデン並で、近代的な設計にしては人の流れに対する考慮が足りないと思いました。終わったとたん、ばたばたと慌しく帰る人が多いのはこのせいでしょうか。

今回、7時半始まりの10時半終了というスケジュールでロンドンと全く同じですが、6時ごろにサラダニソワーズを食べ、終了後にオペラ座隣のレストランで大きな岩牡蠣6個を白ワインで流し込んだところ、あまり腹が膨れることもなく、寝る頃の空腹感もないちょうどいい腹具合でこれは癖になりそう。
[PR]
by dognorah | 2006-05-05 21:35 | オペラ
<< セザンヌとピサロ1865-1885展 ハイティンクのベートーヴェンサイクル >>