ハイティンクのベートーヴェンサイクル

4月29日バービカンホールにて。満席でキャンセル待ちが出るほどでした。

曲目
ベートーヴェン:交響曲第1番
ベートーヴェン:交響曲第9番

指揮:ベルナルト・ハイティンク(Bernard Haitink)
ソプラノ:トワイラ・ロビンソン(Twyla Robinson)
メゾソプラノ:カレン・カーギル(Karen Cargill)
テノール:ジョン・マック・マスター(John Mac Master)
バリトン:ジェラルド・フィンリー(Gerald Finley)
合唱:London Symphony Chorus

昨年から続いていたハイティンクのベートーヴェンサイクルはこれが最後のプログラムです。先日の演奏会で第4番について述べた感想がそのまま第1番にも適用できます。面白おかしく演奏できる曲でもないので、妥当なところでしょう。

第9番は全体にやや速めのテンポで、第1楽章と第2楽章は畳み掛けるような激しい演奏でした。だからといってそれが感動的かどうかは別の話ですが。第3楽章は特に思い入れもなくあっさりと流す感じで、起伏がなくやや退屈。第4楽章は3つのテーマを否定したり新しいテーマを提示する低弦が惚れ惚れする美しい演奏で導入部を引き締めます。そのあとの管弦楽も第1楽章と同様にダイナミックな演奏。

ジェラルド・フィンリーのバリトン導入部はすばらしい歌唱でした。当初歌手をチェックせずに会場に座ったらそれが平土間で、オケが邪魔して後方に位置された4人の独唱者が見えず、誰が歌っているのかわからなかったのですが、さすがにフィンリーだと後で思いました。これに比べるとテノールはかなりがっかりで、やはり世の中いいテノールは少ないんですね。ソプラノもよかったが、メゾはまあまあというところ。合唱はいつもの通り言うことなしの出来で、この曲を聴きに来る目的は成就されました。
全般的にはハイティンクは絶好調とは言いがたく、終了後の疲れようを見ると体調的にもベストではなかったことが響いているかもしれません。1929年生まれですからあまり無理が利く年齢ではないので体調管理には気をつけていただきたいものです。

翌日も同じプログラムが演奏されますが、それ以降ハイティンクはロンドンでは2007年前半までLSOを指揮することはなく、当分お目にかかれません。
[PR]
by dognorah | 2006-04-30 21:02 | コンサート
<< シモン・ボッカネグラ – パリ... 再び「神々のたそがれ」公演 >>