ロイヤルオペラハウスにHDカメラ設置

ソニーの最新型高精細ヴィデオカメラ5台と関連設備がロイヤルオペラハウスに設置されたそうです。これにより、今後はすべてのステージパフォーマンスを高精細品質で残せることになって、これは世界の劇場で初めてとのこと。

このためBBCは今後の放送用にこれを使わせてもらうという。従来のように機材を持ち込んで録画する必要がなくなったので、それで浮く費用を他の番組制作に使えるとのこと。ラジオも然り。そして今後はもっと多くのオペラやバレーをBBCで放送できるようになるだろうとうれしいコメントを出しています。これと直接関係ないことながら、5月と6月には昨年から今年にかけて上演されたリング4部作を再放送するという。ドミンゴが出たPROMSのコンサート形式のヴァルキューレも含まれるようです。

ROHは今後そのリソースを使った独自のCDやDVDを発売していくという。その方針と関連して、Royal Opera House Heritage Seriesというレーベルを立ち上げ、まず過去の遺産をリリースする方針を発表しました。最初のオペラCDはサザーランドが歌った「ランメルムーアのルチア」でセラフィンが指揮したものと、ク-ベリック指揮の「オテロ」だそうです。
CDに限らずDVDが各種出てくるのが待たれますね。
[PR]
by dognorah | 2006-03-31 07:14 | オペラ
<< 再びチェロリサイタル(3月27日) 来シーズンのロイヤルオペラ >>