来シーズンのロイヤルオペラ

来シーズンの演目や出演者の詳細が発表されましたが、メインステージの演目について感じたことをコメントしてみたいと思います。

Faust (Gounod) 再演
9月のオープニングを飾ります。指揮はMaurizio Benini。
マルガリーテはAngela GheorghiuとKatie van Kootenのダブルキャスト。KootenはYoung Artists Programmeを卒業して早速主役です。実力が認められてきたんですね。タイトルロールはPiotr Beczala。John Relyeaがメフィストフェーレ。

La Juive (Halevy) – Concert
9月です。
作品も作曲者も初めて聞く名前です。珍しくバービカンホールで演奏します。
Daniel Oren指揮。Dennis O’Neill他。

La Finta Giardiniera (Mozart) New production
9月、10月。
これも初めて聞く初期の作品。久々にGardinerが振るのが話題になりそう。

Lady Macbeth of Mtsensk (Shostakovich) 再演
9月、10月。Pappanoが振りTomlinsonが出演。

La Boheme (Puccini) 再演
10月、11月。ハンサムな指揮者Jordanが振る。
ロドルフォはAlvarezとLopardoのダブルキャスト。
ミミはKootenとHei-Kyun Hongのダブルキャスト。Kootenは二つ目の主役だからすごい。

The Queen of Spades (Tchaikovsky) 再演
11月、12月。Semyon Bychkovの指揮。
Vladimir Galouzine、Katarina Dalayman、Gerald Finleyなどが出演。

Carmen (Bizet) New production
12月、1月、2月。PappanoとPhilippe Auguinが分けて指揮。この演目は久しぶりの上演です。
カルメンはAnna Caterina AntonacciとMarina Domashenkoのダブルキャスト。
ドン・ジョゼはJonas KaufmannとMarco Bertiのダブルキャスト。カウフマンは久しぶりなので楽しみです。カルメンをやるAntonacciはまだ聴いたことがない人です。

La Fille du Regiment (Donizetti) New production
1月、2月。これも知らないオペラです。
Natalie DessayとJuan Diego Florezの共演が見もの。

Il Trovatore (Verdi) 再演
1月、2月。Nicola Luisottiが指揮。
マンリーコはAlvarezとZoran Todorovichのダブル。レオノーラは今期トスカを歌うCatherine Naglestad。

Madama Butterfly (Puccini) 再演
2月、3月。これもNicola Luisottiが指揮。
Liping ZhanとAndrew Richardsの共演。ZhanはDVDを持っていますが蝶々さんに適した姿格好ですね。

Orlando (Handel) 再演
2月、3月。これも初めて聞く名前です。指揮はMackerras。
カウンターテノールのBejun MehtaとソプラノRosemary Joshua。

The Tempest (Ades) 再演
3月。作曲者自身による指揮。Keenlyside、Bostridge、Spenceの共演が見ものか。

L’Heure Espanole (Ravel) / Gianni Schicchi (Puccini)
3月、4月。Pappano指揮。
ラヴェルのオペラは始めて聞く名前です。どっちもNew productionです。
Christine Rice + Bonaventura Battone (L’Heure Espanole)。
Bryn Terfel + Dina Kuznetsova (Gianni Schicchi)。
ターフェルは来期はこれだけですね。

Stiffelio (Verdi) 再演
4月、5月。Mark Elder指揮。
Jose Cura + Sondra Radvanovsky。やっぱりクーラでしょうね。

Pelleas et Melisande (Debussy) New production
5月。Simon Rattleが今年のザルツブルグ・イースター音楽祭で振るプロダクションをそのまま持ってきます。彼の指揮はガーディナーと同様久しぶりです。KeenlysideとFinleyがAngelica Kirchschlagerと共演。Kirchschlagerはバラの騎士のオクタヴィアン以来久しぶりです。

Fidelio (Beethoven) New production
5月、6月。Pappano指揮。レオノーレはKarita MattilaとYvonne Howardのダブル。フローレスタンはEndrik WottrichとSimon O’Neillのダブル。ロッコはHalfvarson。マッティラのDVDを持っていますが本当に男といわれても異論なし。

Don Giovanni (Mozart) 再演6月、7月。Ivor Volton指揮。
フィガロで好評を博したErwin Schrottがタイトルロール、レポレロにJonathan Lemalu、そしてDonna AnnaにNetrebkoが2度目のお勤めです。これは楽しみ。

Kata Kabanova (Janacek) 再演
6月、7月。
Mackerrasの指揮。Janice Watson、Felicity Palmer、Kurt Streit、Chris Merritt、Toby Spenceなどが出演。

Thais (Massenet) – Concert
6月。Andrew Davis指揮。
Renee FlemmingとThomas Hampson共演の豪華キャスト。

Tosca (Puccini) 再演
7月。Mikko Franck指揮。
今期に続いてこれもVioletta Urmana、Salvatore LicitraとMark Delavanという豪華版。

Rigoletto (Verdi) 再演
7月。Renato Palumbo指揮。
Alexandru Agacheのタイトルロール。彼は1994年にもこの役で出演したそうです。マントヴァ公爵はチビコロながら歌の上手いGiuseppe Gipali。ジルダはPatrizia Ciofi。

Cosi Fan Tutte (Mozart) 再演
7月。Colin Davisの指揮。
フィガロでロジーナを歌ったDorothea Roschmannなどが出演。

以上ですが、結構豪華な歌手が出るものの相変わらず偏っているという感じがします。指揮者についてもそうですね。
[PR]
by dognorah | 2006-03-31 01:46 | オペラ
<< ロイヤルオペラハウスにHDカメラ設置 能とオペラの融合(3月28日) >>