能とオペラの融合(3月28日)

c0057725_24511.jpgN-Operaという能とオペラを融合させた舞台(マクベス)のロンドン初公演を見ました。日本人の演じる能と欧州人の独唱者、欧州人と日本人による合唱とアンサンブルが見事に調和してとてもすばらしいパフォーマンスでした。場所はRoyal College of Musicの中のBritten Theatreです。

作曲:浅井暁子
台本:Kazuko Matsuoka
演出:Kan Yuki
照明:Miwa Sakaguchi
衣装:Kana Hashizume

出演者
マクベス
 能:Ryoko Aoki
 テノール:Tyler Clarke
マクベス夫人
 能:Shintaro Ban
 ソプラノ:Kimberly Robinson
マクダフ
 能:Hiroko Akai
 バリトン:Håkan Ekenäs
バンクォー
 能:Maiko Aoyagi
 バス:Lukas Jakobczyk

合唱
Maho Ino (S)、Eva Karell (S)、Susanne Hawkins (A)、James Armitage (A)、Hiromitsu Maeda (T)、Ben Eastley (T)、Alan Tsang (B)

器楽
Makiko Nishio (Percussion I)、Nicholas Reed (Percussion II)、Eri Kaishima (Percussion III)、Andrew Aaron (Piano)

指揮:Sofi Jeannin

舞台は蝋で作った白い柱が7-8本立っている(Wax Art by Yoshiki Ban)以外は後ろの蝋柱数本をを隠す紗のカーテンが上下するのみの簡単なもの。

幕が上がると、マクベスは黒の羽毛で作ったと思われる衣装で座っている。能面は前においてあるがマクベス自身による謡が終わるまでは装着しない。マクベス夫人は同じデザインで赤色、バンクォーとマクダフは白い装束で、この3人は能面はつけない。髪の毛はすべてヴォリュームのあるものがデザインを違えて付けられている。

筋はシェイクスピアの原作にほぼ準拠しているが、歌詞による説明が主で能役者の舞台上の行動は単純化されている。歌詞はすべて日本語で、英語字幕が出る。
感心するのは歌手がほとんど非日本人なのに独唱者も合唱も結構日本語がよく理解できること。筋の進行に従って奏でられる音楽はよく出来ており、能役者の動きも美しく様式化されて、休憩なしの1時間半のパフォーマンスに集中できました。最後のマクベスとマクダフとの一騎打ちの動きもなかなかすばらしいものがあります。なお、マクベスの衣装には進行と共に白い羽がどんどん刺さっていき、最後に討ち取られたときには天井からどさっと大量の白羽が落ちてきます。黒いマクベスの勢力がマクダフの白に圧倒されていく様を表しているのでしょう。

ところでマクベスとマクベス夫人をやる人が男女入れ替わっていますが、ロンドン在住の能役者Aokiさんが主役をやるということでこうなったのでしょうか。

これは既に東京とニューヨークで上演されており、昨年夏にロンドンでお会いした作曲家の浅井暁子さんから、ロンドンでもやりたくて準備している、という話を伺っていましたが、多くのバリアを乗り越えてここまで持ってこられた皆さんの努力には敬意を捧げます。特に、ロンドン在住の非日本人歌手によるパフォーマンスにこだわっていらっしゃった浅井さんの希望がほとんどかなえられたものの、かなり困難なことであったこととお察しいたします。

思えば、昔東京で初めて能というものを鑑賞した時、西洋のオペラをとことん昇華させると能という様式に到達するのではなかろうか、と感じたことがあります。こうして目の当たりにこういうパフォーマンスを見ると、自分の直感は大きくは間違っていなかったのではないかと思います。

最後に、このBritten Theatre、初めて経験しましたがとても立派な劇場で、さすがにロンドンを代表する音楽大学だけのことはあるとひたすら感心しました。オーケストラピットも舞台も広く、客席もこじんまりながら馬蹄形の席配置でランプなどの装飾も凝っています。ストールから天井桟敷まである点も一流劇場並です。座席数約400。
[PR]
by dognorah | 2006-03-30 02:07 | オペラ
<< 来シーズンのロイヤルオペラ Josef AlbersとLá... >>