バレー「ロメオとジュリエット」(3月3日)

ロイヤルバレーの公演です。

音楽:Sergey Prokofiev
振付け:Kenneth MacMillan
デザイン:Nicholas Georgiadis
指揮:Mikhail Agrest

Juliet: Tamara Rojo
Romeo: Carlos Acosta
Mercutio: José Martín
Tybalt: Thiago Soares
Benvolio: Yohei Sasaki
Paris: David Pickering
他多数

遅刻をしたので第1幕を見れず。
第2幕の群舞はなかなかすばらしい。その中でもアコスタのロメオの一段と高いジャンプにしなやかな肢体がひときわ目立つ。久しぶりに見る彼は少しやせた印象を受けたが、ダンスは相変わらず見栄えがする。佐々木もマーティンもいつもの安定した踊りである。
第3幕でようやくロッホとアコスタのデュエットがあるものの振付けはあまり派手ではない。仮死状態のジュリエットをロメオが嘆き悲しんで抱えながら踊るシーンがあるが、本当の死体のように筋肉に力が入っていないかのごとくロメオに合わせて抱えられるジュリエットの演技はなかなかのもの。

舞台も衣装も古典的でとても美しい。音楽と振付けも違和感なく溶け込んでいる。オーケストラの音だけ聴いていてもいいくらいのすばらしい演奏だった。
しかしマクミランの振付けにしては退屈なバレーだ。いつごろの振付けか知らないが恐らくまだ若いころの作品だろう。今日が379回目の公演だというから。第1幕からずっと見ていた連れの言葉でも、1幕最後のバルコニーでのデュエット以外は見るべきダンスはなかったらしい。後ろの席からはいびきも聞こえたそうな。あの「マノン」で見せてくれたすばらしい振付けに匹敵するものじゃないとせっかくのプリンシパルダンサーがもったいない。私にとってはマクミランのロメオとジュリエットはこれが最初にして最後となるでしょう。
c0057725_21555785.jpg
写真は、カーテンコールに応えるタマラ・ロッホとカルロス・アコスタです。二人には惜しみない拍手とブラボーでした。
ところで、このPrincipalに格付けされているダンサーと、佐々木のようにそのすぐ下のFirst Soloistに格付けされている人の違いは何かという視点で見ると、ダンスの切れがかなり違うということがわかりました。専門的に見るともっといろいろあるのでしょうけれど。
[PR]
by dognorah | 2006-03-04 21:56 | バレー
<< キーシンのピアノリサイタル(3... ロンドン交響楽団演奏会(2月28日) >>