フィルハーモニア管弦楽団の演奏会(2月16日)

曲目
モーツァルト:序曲「La clemenza di Tito」
モーツァルト:ピアノ協奏曲第17番 ト長調 K453
マーラー:交響曲第4番 ト長調

出演
ピアノ:Piotr Anderszewski
ソプラノ:Sarah Fox
指揮:Charles Mackerras

c0057725_9471493.jpgモーツァルトのピアノ協奏曲を弾いたピョートル・アンデルシェフスキは1969年ワルシャワ生れの中堅ピアニスト(左の写真)です。国際的に結構活躍しているポーランドのピアニストが、ショパンコンクールに出たことがあるという話が無いのが不思議です。
モーツァルトにふさわしいまろやかで透明な音色で、とても気品ある演奏でした。カデンツァでは強弱と緩急を効果的に組み合わせて味のあるテクニックを垣間見せてくれます。マッケラスの指揮も切れがよく、まとまりのある仕上がりとなっていました。好演というべきでしょう。

マーラーの4番は、最初の二つの楽章がちょっと音量を制御しすぎの感がありスケールが小さくて迫力が不足、ややまとまりに欠ける嫌いがありましたが、第3楽章になって大きなスケールでうねり出し、期待したマーラーの世界がたっぷりと出現しました。第4楽章もサラ・フォックスc0057725_948394.jpg(左の写真)の張りのある美しい声もあってスムーズでとてもまとまりのある演奏です。オケはとてもすばらしい音とアンサンブルでした。
昨年夏にPROMSでガッティ指揮のロイヤルフィルの演奏で同じ曲を聞きましたが、マーラーはガッティに軍配が上がると思います。マッケラスはオペラの方がもっと安心して聴ける感じです。80歳を超えてもまだまだ元気ですが。

なお、サラ・フォックスはイギリス生まれでRoyal College of Music出身、やはり中堅歌手といえるでしょう。先般公演されたロイヤルオペラの「ジークフリート」ではジークフリートにブリュンヒルデの存在を教える鳥の役をしていました。時期は不明ですが、次回ROHでドン・ジョヴァンニを上演するときはツェルリーナ役で出演することが決まっているようです。
[PR]
by dognorah | 2006-02-17 09:49 | コンサート
<< チェロリサイタル(2月16日) 中嶋彰子ソプラノリサイタル(2... >>