ガーディナーのモーツァルト(2月9日)

John Eliot Gardinerが手兵のEnglish Baroque SoloistsとMonteverdi Choirを指揮してオールモーツァルトプログラムの演奏会を催したので聴いてきました。会場はカドガンホール(Cadogan Hall)です。

曲目
交響曲第39番 変ホ長調 K.543
交響曲第41番 ハ長調 ジュピター K.551
ミサ曲 ハ短調 K.427

ガーディナーを聴くのは久しぶりです。今まで大ホールでしか見たことが無かったのであまり感じませんでしたが、近くで見ると背の高さが目立ちました。恐らく190cm以上はあるでしょう。
ベートーベンの交響曲第9番をCDで聴いたときは速いテンポにあきれたことがあるのでモーツァルトも早いのかなと思ったら案に相違してゆったりしたきわめてオーソドックスなテンポでした。第39番はモーツァルトの美しい旋律をたっぷり響かせながらも終始緊張の糸が一本ぴんと張りつめている感じで極めて格調が高く、名演といえるものだったと思います。第41番も同様に構成感がしっかりしたもので、速めのテンポに設定した終楽章を劇的に終わり、興奮を掻き立てます。欲を言えば、第1楽章でもう少し溌剌とした躍動感がほしかったところですが、それにしても立派な演奏でした。

そして、休憩後のミサ曲、モンテヴェルディ合唱団の実力を見せ付けてくれます。このオーケストラと同程度の高々40人位の合唱団ですがヴォリューム的にもアンサンブル的にもすごいものがあります。4人の独唱者は必要なときに合唱団の中からメンバーが一段前に進んで勤めるのですが、これがまたうまいのです。ガーディナーはとてもきめの細かいことに、曲の場面に応じて男女の各パートを右や左に移動させてバランスを変化させます。時には器楽奏者まで動かして独唱者のそばに伴奏のフルートが鳴るようにしたりします。お陰で各パートの切れ目で舞台上はとても忙しいものになりますが、演奏は天国的ともいえる美しさと深みのあるもので、それが心の奥に滲み込み、これはマジ感動しました。恐るべし、ガーディナー。コンサート直前に切符を買ったので高い席しか残っていませんでしたが、Money for valueと実感しました。写真は終演後の演奏者たちです。
c0057725_201771.jpg

今夜はこれに加えて余興もあります。このコンサートがずっと前に発表されたときはミサ曲を最初に演奏する予定だったのですが、上記のように順番が変更されました。理由は、2曲の交響曲の演奏を終了後直ちにCD化し、コンサート終了後に会場で販売するためです。休憩時間とミサ曲を演奏している間に簡単な編集とCDに焼く作業を必死でこなしていたわけです。こういう変わった企画に弱い私はもちろんCDを買いました。家に帰ってプレイバックしてみましたが、まあ満足できる音です。39番の方が音はよく、通常の念を入れて作ったCDとほぼ同様の出来です。41番は低音にバランスが移っている感じです。恐らく平行作業のため、39番とは別の人が編集したのではないかと思われます。途中、聴衆の誰かがプログラムをバサっと床に落としたのですが、ちゃんとその音も収録されていましたので、ほんとのライブ録音であることは間違いありません。限定3000枚を販売するようですが、今後SDGというレーベルで同様の企画を実現していくそうです。今回は初めてだったので、収益金はチャリティに寄付されるそうです。下の写真は今回購入したCDとジャケットです。
c0057725_2015398.jpg

ロンドンに住んでいながら、こういう情報を知ったのは おかか1968 の記事でした。読んであわてて切符を手配したわけですが、間に合ってよかった。坂本君さん、ありがとうございました。
[PR]
by dognorah | 2006-02-10 20:03 | コンサート
<< ロンドンの最新のコンサートホール ヴァイオリンとピアノのリサイタ... >>