ヘンデルのオペラ「ロデリンダ(Rodelinda)」(2月1日)

バービカンホールでコンサート形式での上演がありましたので聴いてきました。ヘンデルのオペラを聴くのはこれが初めてでしたが、筋も結構複雑でなかなか楽しめるものでした。Nicola Francesco Haymの台本にヘンデルが作曲したもので、1725年にロンドンで初演されたそうです。
c0057725_23223389.jpg

出演者
・Rodelinda: Emma Bell(ソプラノ)
  ロンバルディアの女王で、Bertaridoの妻。
・Bertarido: Sonia Prina(アルト)
  政敵に王座を奪われ、身を隠しながら復活をもくろんでいる。もともとカストラートによって歌われた役で、今回はアルトが歌っている。
・Grimoaldo: Filippo Adami(テノール)
  ベネヴェントの公爵でBertaridoから王位を奪った。ロデリンダに思いを寄せているが、Eduigeと婚約して取り繕っている。心からの悪人ではなさそう。
・Eduige: Romina Basso(メゾソプラノ)
  Bertaridoの妹。Rodelindaを助けながら兄の復権を願っている。
・Unulfo: Hilary Summers(アルト)
  Bertaridoの忠臣であるが、それを隠してGrimoaldoに仕え、Bertarido復権のチャンスを狙っている。やはりカストラートによって歌われたのをアルトで代用している。
・Garibaldo: Vito Priante(バリトン)
 トリノの公爵でGrimoaldoの友人。イヤーゴ的性格でGrimoaldoをけしかけ、あわよくば王位を手に入れようとしている。

指揮:Alan Curtis
管弦楽:Il Complesso Barocco

c0057725_23233895.jpg出演者のうち、ソプラノ、テノール、メゾソプラノが代役でそのうちのテノールが代役の代役。一体やる気があるのかといいたいところですが、代役とはいえタイトルロールのエンマ・ベル(左の写真)がとてもすばらしかったので良しとしましょう。歌がうまく、声がよく、声量があって言うことなしです。コンサート形式なので演技の方はわかりませんが、歌唱では他の出演者を圧倒していました。特に第3幕中間部で歌われる5分にも及ぶ長いアリア"Se 'I mio duol" は絶品で、ちょっと涙が出るくらい感動しました。会場も本日初めてブラヴォーの嵐で、皆も感動したんだと思いました。
彼女はロイヤルオペラで昨秋に公演されたニールセンの「マスカラーデ」に出演していたのですが、ちょうど私の行った日に病欠したので聴けず、本日が初めての体験でした。こんなすばらしい歌手はニールセンなんてマイナーなオペラでなくもっと本格的なものに出してほしいと思います。

その他の歌手ではバリトンのヴィト・プリアンテがしっかりした歌唱で好感が持てました。女声陣ではメゾ・ソプラノのロミナ・バッソがまあまあというところ。夫役のソニア・プリナは歌はうまいのですが声量がなく私はあまり評価できません。もう一人のアルト、ヒラリー・サマーズは声が私には苦手です。

管弦楽は第1ヴァイオリンが5人の小編成ですが、ヘンデルにふさわしい音と演奏で、指揮もピリッとしていました。歌手も歌いやすそうです。指揮者(兼ハープシコード)のカーティスはアメリカ人ですがフィレンツェ在住で、イタリア人の若手を集めたこのオーケストラを1992年に設立した人です。主にバロック音楽を演奏しています。

何はともあれ全編にわたって美しいアリアがいっぱいのこのオペラ、とても楽しめた3時間半でした。


あらすじ
(第1幕)7世紀のミラノが舞台。ロデリンダが、今は死んだと信じている愛する夫ベルタリド(本当は生きている)を思いながら嘆いているところに夫から王位を奪い取ったグリモアルドがやってきて彼女を愛していることを告げ、エデュイゲとの婚約を破棄するので結婚してくれるように懇願する。しかしにべもなく断られる。彼が去った後ガリバルドがやってきて、自由になったエデュイゲのことが好きなので結婚したいと述べる。本心は、将来王位を奪うのに利用しようとしている。というのはロデリンダの幼い息子を将来王の跡継ぎにしたいとエデュイゲが考えているから。

場面変わって、ベルタリドの墓でベルタリドと忠臣のウヌルフォが密会して情報を交換している。ベルタリドが愛する妻子の身を案じて自分が生きていることを知らせたいと言うが、ウヌルフォは姿を現すのはまだ早いと諌める。そこへ人の気配がするので隠れるが、やってきたのはロデリンダとガリバルド。ガリバルドは彼女に、グリモアルドと結婚するように強要する。さもなければ息子を殺すと脅され、彼女はしぶしぶ結婚を承諾する。それを立ち聞きしたベルタリドは嘆き怒る。

(第2幕)ロデリンダはグリモアルドに対して結婚を承知するが条件があると持ちかける。その条件とは、ロデリンダの息子を目の前で殺してほしいというもの。彼の心底悪人ではない性格を読んだ彼女の心理作戦である。ウヌルフォはその提案を受けないように意見し、ガリバルドはそれを受けるように説得する。思い悩んだグリモアルドは決断できず、その場を立ち去る。それを見たガリバルドは彼を凋落させる決意を固める。

場面変わって、美しいロンバルディアの自然を見てかつての幸福を懐かしんでいるベルタリドを妹のエデュイゲが見つけ、再会を喜んでいるところにウヌルフォがやってきて宮廷での経過を報告し、ロデリンダが依然として忠誠であることと、今が身分を明かすときであると述べる。宮廷に忍び込んだベルタリドがロデリンダと歓喜の抱擁を交わすも、グリモアルドに見つかってしまい、ベルタリドは牢に囚われる。

(第3幕)秘密裏に牢の鍵を入手したエデュイゲはそれをウヌルフォに渡してベルタリドを救出するように依頼する。彼は事前に窓から剣を牢内に落としてまずベルタリドを武装させ、ドアの鍵を開けるが、それを死刑執行人と勘違いしたベルタルドはウヌルフォを刺して怪我をさせてしまう。誤解に気付いてウヌルフォを助けながら二人は逃亡する。直後に様子を見に来たロデリンダとエデュイゲは、血を発見してベルタルドが殺されたと誤解し、嘆き悲しむ。

宮廷内では、グリモアルドがしばしの休息を得たいとソファーで眠ってしまうが、それを発見したガリバルドはチャンスとばかりに彼を殺そうとする。そこへベルタリドが現れガリバルドを殺す。放心状態のグリモアルドは改心し、謝罪してすべてを元に戻すことを宣言する。ということで極悪人一人が死んだだけで、ハッピーエンドとなる。
[PR]
by dognorah | 2006-02-02 23:28 | オペラ
<< ロイヤルオペラのアンケート Mikhail Pletnev... >>