アダム・クーパー主演の「Wallflowering」

マシュー・ボーン(Matthew Bourne)の「白鳥の湖」で一躍世界的に有名になったバレーダンサー、アダム・クーパー(Adam Cooper)はその後マイナーなプロダクションで踊ったり、振り付けをやったりといろいろやっているもののあまりぱっとしない。以前、ストラヴィンスキーの「兵士の物語」という台詞入りのバレーに出演したときの模様を記事にしたが、それほど好評とも言えない地味な出来であった。その後、今年の2月に日本で初演した「危険な関係」という自分でプロデュースした作品をイギリス中で公演したものの評判は冴えない。

その彼が、ケント州のセヴンオークス(Sevenoaks)というさほど大きくもない町の劇場で標記の題名の演劇を奥さんであるSarah Wildorと共に上演しているのを見に行った。ロンドンから一般道路をゆっくり南下して1時間足らずの距離である。私のパートナーが彼の大ファンであるので引っ張られた行ったようなもの。まあ、ロイヤルバレーの最高地位であるPrincipal Dancerを勤めていた二人のダンスを見るのも悪くなかろうと思ったわけだ。

c0057725_199795.jpgしかし、ダンスといっても社交ダンスをほんの少し踊るシーンがあるだけで、大部分は二人(出演者はこの二人だけ)の会話、それも日常生活における夫婦の噛み合わないもので、退屈極まりない。左の写真は演じるアダム・クーパーとセーラ・ワイルダー。クーパーは眼鏡と付け髭で扮装しているのでちょっとイメージが違うが。
元一流ダンサーといえどもダンスだけでは食っていけなくなった二人は演劇の方向に変身中ということか。芝居そのものは非常にうまいというわけではないがそこそこのレベルではある。今回の台詞は原作通りオーストラリア英語であるが、一応それらしく明瞭な発音であった。しかし、ダンスを期待していった私にはrubbishである。私のパートナーは、目と鼻の先でパフォーマンスをするアダム・クーパーに感激していたが。何しろ劇場といっても、昔のダンスホールを模様替えしたもので、平坦なフロアの周りに2重に椅子を並べ、真ん中の空間(5m x 10mぐらい)で彼らが演技するので、下手をすると観客とぶつかる可能性もある身近さなのだ。観客数は80名程度で満席。

彼らはこれからのパフォーマンスの方向を模索しているのであろうが、才能ある二人のダンサーの先行きが心配である。さすがにダンスシーンはうまかったが。

あらすじ
場所は70年代のとあるオーストラリアの町で長年経営してきたものの、落ちぶれたダンスホールを経営している夫婦の家。世の中の価値観が急速に変化しているのについていけないのが落ちぶれた原因と思った二人はそれぞれ買って二字分はこう変わるべきだと思って意識を変化させるが、それが夫婦の間に亀裂を生み、日常生活での精神的軋轢がストレスとなって口論が絶えない。このあたりは舞台に登場した直後の二人のスムーズなダンスが途中でちぐはぐになることでも表現される。しかし、いろいろ口論をしている家庭で自分たちは変わる必要はなく、昔通り振舞えばいいんだということに思い当り、仲直りして最後に華やかな衣装に着替えてパサドーブレはじめいくつかの華麗なダンスを披露して終わる、というコメディタッチの物語。

原作:“Wallflowering”by Peta Murray
監督:Julian Woolford
振り付け:Adam Cooper & Sarah Wildor
プロデューサー:Helen Winning
照明:Mark Gilchrist

なお、このプロダクションはArts Council of Englandという宝くじの収益金を芸術活動に分配する団体から10万ポンド近くの補助を受けて可能になったということである。

15回程度公演されるスケジュールで最終日のマチネーに行ったのだが、ほぼ満席であった。こういうローカルな劇場というのに、日本からわざわざ見に来た人が少なくとも3名はいた。さすがにアダム・クーパー。その中の一人、中年の男声に話を伺ったら、この公演以外に昨日の夜も見たし、この後の夜の公演も見るという。話していて、この人をリンバリー劇場の「兵士の物語」のときも見かけたことを思い出した。クーパーの公演があると聞くと世界中どこでも行くという。私が、「今日の公演は退屈ですねー」なんてナイーブなコメントを出したら嗜められてしまった。「私は彼が出ていさえすれば内容なんてどうでもいいのです!」と。
[PR]
by dognorah | 2005-10-24 19:13 | 観劇
<< あるイタリア料理店にて ロイヤルオペラの若手歌手 – ... >>