マーラーの交響曲第2番演奏会 -10月18日

ギルバート・キャプラン(Gilbert Kaplan)指揮ロイヤルフィルハーモニック管弦楽団の演奏がロイヤルアルバートホールでありました。

指揮:Gilbert Kaplan
ソプラノ:Sally Matthews
メゾソプラノ:Karen Cargill
管弦楽:Royal Philharmonic Orchestra
合唱:Philharmonia Chorus
   Crouch End Festival Chorus
   Brighton Festival Chorus
   Southend Festival Chorus

c0057725_7592983.jpgキャプランという指揮者、これが初めて聞く名前ですが、検索してもどこの誰という情報はなし。アメリカ人でしょうか。年齢60歳ぐらいでしょうが、もともと投資会社を設立したビジネスマンで、マーラーに興味があって研究していたら嵌ってしまい、楽譜の校訂や指揮までやるようになったとか。専門の音楽教育は受けていないようです。指揮も特に深く研究しているマーラーの交響曲第2番しかしないようですが。それだけで世界の名だたるオーケストラを網羅しているというのもすごい。

今回の演奏会は、彼が校訂して国際マーラー協会が承認した新しい版The Revised Critical Editionの世界初演だそうです。今までの版に比べて約500箇所の訂正がなされているそうで、今までフルートが吹いていたパートをトランペットが吹くなどかなり重要な変更点がいくつかあるようです。すべてマーラーの残したメモなどを仔細に研究した結果、これが作曲家の意図したものであるとの確信に基づいているということです。

この曲の細部など頭に入っているわけではないので私には従来の演奏との違いなどわかりません。大体これの実演を聴くのも今回が初めてですから。第1楽章と第2楽章の間に5分間の休憩を入れるという作曲家の指示があるようですが、ほとんどの指揮者がそれを無視するところ、キャプランは忠実に守っています。しかし、それは無視したほうが結果はいいということが感じられました。そういう休憩を入れるということは恐らく当時のオーケストラの演奏スタイルや聴衆の意識では理にかなったことであるとマーラーが考えたのかもしれませんが、今日ではかなり違和感があり、各楽章の有機的つながりがなくなってしまいます。ということで第3楽章あたりまでかなりまとまりのないばらばらな演奏という印象です。当時は人気のない現代音楽で、マーラーも人気取りに苦心していろいろ考えたのでしょうけれど。
第4楽章から第5楽章にかけてようやくマーラーらしい音楽が聴けたという感じがしました。大人数の合唱隊(とてもうまかった)を入れた効果がしっかりと出ています。途中、ホルンが音をはずしかけてちょっとよろよろというところはありましたが、オケも先日のPROMSで聴いたダニエレ・ガッティ指揮のときほどではないものの、まあ頑張っていました。独唱のソプラノ(7月に聴いた「ミトリダーテ」でSifare役を歌っていた人)とメゾソプラノはすごく印象的というわけではないですがこんなものでしょう。メゾのほうがやや目立っていましたが。

ということで後半の歌の入るところは盛り上がって楽しめたものの、キャプランの実力はいまいちわからずじまいです。しかしマーラーという人は楽屋裏でホルンなどを吹かせるのが好きですね。今回はホールの一番上のギャラリーの裏で吹いていたのでこれも音の方向感にちょっと違和感がありました。
[PR]
by dognorah | 2005-10-20 08:05 | コンサート
<< ドガの影響を受けた画家たち(その2) ロイヤルオペラの若手歌手発表会... >>