アンゲーラ・デノーケ ソプラノリサイタル -10月2日

Jerusalem Chamber Music Festivalという室内楽だけのフェスティヴァルが毎年開催されているが、その一環としてロンドンでも少し演奏会が開かれるらしい。
その一つがWigmore Hallで開催された今夜のコンサートですが、今回の記事ではその一部であるAngela Denokeのソプラノリサイタルの部分だけ記します。残りの室内楽の部分は次の記事に書く予定です。

Soprano: Angela Denoke
Piano: Elena Bashkirova

プログラム
Hugo Wolf: メルケの詩による5つの歌曲
       Auf einer Wanderung
       Verborgenheit
       Begegnung
       Nimmersatte
       Storchenbotschaft
Arnold Schonberg: Cabaret Songsから3つの歌曲
           Gigerlette
           Der genugsame Liebhaber
           Galanthea

c0057725_19185295.jpgデノーケという人はあまりロンドンに来ないしロイヤルオペラにも出演したことがない(はず)ので実は全く馴染みがなく、じぃという方のブログを読んで興味を持ち名前を覚えていました。たまたま先月Wigmore Hallの10月のコンサート表を見ていてこの名前を見つけ、切符を買ったものです。
プログラム自体は、室内楽との組み合わせだったので彼女の歌はほんの短い時間でしたが、評判どおりすばらしい歌唱でした。美声とはいえないかもしれないけれど力強く高音までよく伸びる声と圧倒的な声量、歌詞の内容に応じたとても表情豊かな表現が印象的です。オペラではきっと演技もうまいでしょう。ドイツ、フランス、アメリカで出演する機会が多いようですが、ぜひロイヤルオペラに来てほしい人です。写真は、演奏終了後のもので、向かって左の人はピアニストです。

ピアノ伴奏のBashkirovaはとてもクリアな音を出す人で、かなりの腕前と見ました。詳しくは次の記事に書きます。
[PR]
by dognorah | 2005-10-03 19:22 | コンサート
<< 石坂団十郎のチェロ -10月2日 プッチーニ「西部の娘」-10月1日 >>