ガブリエレ・ミュンター展

c0057725_326730.jpg美術史上、ドイツ表現主義絵画で重要な画家といわれるGabriele Münter(1877-1962)の1906年から1917年の間に描いた油彩画21枚を回顧する展覧会がCoutauld Institute of Art Galleryで開催中なので見てきました。まとまって展示するのはイギリスで初めてのことだとか。右の絵はカンディンスキーが描いた彼女の肖像である。

c0057725_3265284.jpg彼女は、1901年にミュンヘンに来てカンディンスキー(Wassily Kandinsky)が新しく開いた絵画学校に入学する。そして両者は親密になり、学校は1年で閉じてしまったが恋愛関係はそのまま続き、彼の奥さんが別居すると、内縁の妻として同棲する。この関係は1914年に世界大戦を理由にカンディンスキーがロシアに帰国するまで続いた。
彼女の作風は当初は当然ながらカンディンスキーの完全なる影響下にあったが、次第に独自の境地を発展させてドイツ表現主義芸術の先駆の一人となるとともに今度は逆にカンディンスキーが彼女の影響を受け始める。そして1911年にはカンディンスキーやマルクと共に芸術家集団Der blaue Reiter(青騎士)を組織して、非具象画を推し進める。
左の絵はミュンターの作品で上から、
Gegen Abend 1909年
Jawlensky & Werefkin 1909
Village Street in Winter 1911
Meditation 1917
である。

c0057725_328851.jpgカンディンスキーの1908年から13年ごろの作品を見るとミュンターの作品かと見まごうものがある。彼にはそれが耐えられなかった。彼女から影響を受けたことなど絶対に自分からは認められなかった。彼女が依然として彼を愛していたにもかかわらず、戦争勃発を理由に彼は強引に同棲生活に終止符を打ち、それ以降は一人で模索しながら独特の抽象画を物するようになった。恐らく芸術家としての自分を確立するのに危機を感じたのであろう。ミュンターの方はそれ以降はあまりスタイルは変わっていない。
右の絵は、カンディンスキーの作品で、上から、
Autumn Landscape 1908年
View of Murnau 1908年
である。ミュンターの画風に酷似しているのがわかる。

表現主義の手法は、対象物体からオリジナルの色を剥ぎ取り、自分のイメージを表現するために考えた色を代わりに与えることだとギャラリーの学芸員が解説してくれたが、ミュンターの特徴としては、オブジェの形から音楽的リズムを、色からハーモニーを奏でさせる表現法らしい。派手な色使いながら、絵全体から暖かい詩と音楽が感じられる。私は特に1917年のMeditationに惹かれた。
[PR]
by dognorah | 2005-07-20 03:32 | 美術
<< 地上波デジタル放送録画装置 METのフィガロの結婚 >>