ロイヤルオペラハウスの舞台裏見学

普段客席からしか見ていないこの劇場の裏側を見せてくれるツアーに参加してみました。お客は20数名が集まって盛況です。ただ、まだ本番が上演される時期なのでオーケストラはリハーサルの最中で、本日の見学コースはかなり制約を受けたようです。歌手もあちこちの部屋を使って声の調子を整えていました。

最初に見学させてもらったのは、衣装部です。プレミエをやるたびにすべての衣装は新着されるわけですが、準備は1年前からするとのこと。いろんな種類の生地が用途によって使い分けられますが、歌手や俳優の採寸から始まる完全オーダーメードです。デザイナーの指定する色が特殊な場合は、染色部門で染めることまでやります。何度も使うので、オペラハウスの中に大きな洗濯機や乾燥機まであるそうです。

次はステージの裏側ですが、本日もスタッフが活動していますのでこれはガラス越しに見せてもらえるだけです。ちょうど目の前に、先日私が見たリゴレットの舞台装置が置いてありました。近くで見ると想像以上に巨大ですね。

ここで、コヴェントガーデンの舞台の構成法について詳しい説明がありました。聞いてびっくりです。私が今まで客席から見た事実から想像していたやり方とは全然違いました。どうするかというと、ワゴンシステムということで、各演目および各幕で必要な舞台をあらかじめワゴンの上に作っておき、それをレールの上を転がして表舞台の位置に移動させ、いくつかのワゴンを組み合わせてひとつの舞台を構成するのです。ひとつのワゴンは15x5メートルくらいなので、最大の面積を要する舞台はワゴンを3つ使うわけです。天井までせりあがる舞台とか、逆に地下に沈み込む舞台などはその動作専用のものをあらかじめ作っておくわけです。このワゴンが全部で26あるそうです。そのうち、バレー用は6つぐらい。移動はもちろんすべてコンピューター制御です。

それから、舞台の上はタワー状になっており、背景に使う造作物やライトを下ろしたり上げたりするわけですが、高さは37メートルあり、物をぶら下げるバーが106個というスケールにまたびっくり。

とにかく広い。我々の見ている舞台の何倍もの広いスペースが奥や上下左右にあります。ひとつの公演が終わると、制作した舞台装置はばらばらにしてコンパクトにまとめ、次の公演まで倉庫に保管されたり、他のオペラ劇場との共同制作の場合は貸し出したり(あるいは借りたり)します。保管する場所は土地代が安いウエールズの専用倉庫です。

ロイヤルバレー団は現在シンガポール、香港、東京と回るアジアツアーの真っ最中で、立派な練習室には誰もいませんので、そういうところは入れてもらえます。コヴェントガーデンの舞台は15メートル四方ですが、練習室も全く同じ大きさで、ダンサーが最も怪我をしにくい快適な温度に保てるように設備されています。床も特殊なクッション材で、足への負担が軽くなるように配慮された設計です。本番の舞台もこれと全く同じで、したがってオペラ用とバレー用の舞台は共用できないのですね。これも今回初めて知りました。

私はウイーン国立劇場の舞台裏は見学したことがあるのですが、方式は全く違いました。過去の記事のどこかで書きましたが、あちらは大きな円の4分の1が客席から見える舞台で、場面転換はその円を回転させることですばやくできるものです。でもコヴェントガーデン方式の方がよりフレキシブルにまたきめ細かく舞台が作れるような気がします。やはり1997年という割と最近に改装した分、よりハイテクが使えたのでしょうね。
[PR]
by dognorah | 2005-07-14 09:43 | オペラ
<< メシアンの四重奏曲演奏会 - ... ソプラノリサイタル – 7月11日 >>