ロイヤルオペラの來シーズンへの期待(2)

前回に続いて11月から2006年2月ぐらいまでの演目です。
・ ヴェルディ作曲「仮面舞踏会」
これは割りと最近見て記事にしましたが、歌手を変えての再演です。普通だったらパスするところですが、アメリア役にニーナ・シュテンメ(Nina Stemme)が出るのでかなり気を惹かれています。多分行くでしょう。
リッカルドはリチャード・マーギソン(Richard Margison)とジュゼッペ・ジパリ(Giuseppe Gipali)のダブルキャスト、レナートにディミートリ・ホロストフスキー(Dimitri Hvorostovsky)が出演します。

・ ロッシーニ作曲「セヴィリアの理髪師」
指揮:マーク・エルダー(Mark Elder)
Moshe LeiserとPatrice Caurierによる新演出で、歌手陣は次の通りです。
 ロジーナ:ジョイス・ディドナート(Joyce DiDonato)
 バルトロ:ブルーノ・プラティコ(Bruno Pratico)
 アルマヴィーヴァ伯爵:トビー・スペンス(Toby Spence)
 フィガロ:ジョージ・ペティーン(George Petean)
このオペラは有名なのにまだ見たことがないので当然行くつもりです。

・ スメタナ作曲「売られた花嫁」
指揮:チャールズ・マッケラス(Charles Mackerras)
演出:フランチェスカ・ザンベロ(Francesca Zambello)
マレンカ:スーザン・グリットン(Susan Gritton)
ジェニク:サイモン・オニール(Simon O’Neill)
これもなぜかチェコ語ではなく英語で上演されます。私は以前、グラインドボーンで原語上演を見ていますので今回はパスです。

・ ヴェルディ作曲「椿姫」
指揮:エドワード・ダウンズ(Edward Downes)
演出:リチャード・アイアー(Richard Eyre)
ヴィオレッタ:アナ・マリア・マルティネス(Ana Maria Martinez)
アルフレード:チャールズ・カストロノーヴォ(Charles Castronovo)
ジョルジオ:ゼリコ・ルチク(Zeljko Lucic)
ここでは毎年上演されるポピュラー演目です。確実に客が入りますからね。リハーサル券が入手できれば行くかもしれません。

・ モーツアルト作曲「フィガロの結婚」
指揮:アントニオ・パッパーノ(Antonio Pappano)
演出:デーヴィッド・マクヴィカー(David McVicar)
フィガロ:アーウイン・シュロット(Erwin Schrott)
スザンナ:ミア・パーソン(Miah Persson)
ケルビーノ:リナート・シャハム(Rinato Shaham)
アルマヴィーヴァ伯爵:ジェラルド・フィンリー(Gerald Finley)
伯爵夫人:ドロテア・ロシュマン(Dorothea Roschmann)
来年2月の公演で、モーツアルト生誕250年記念の上演。マクヴィカーの期待の新演出である。これは行くしかありません。
[PR]
by dognorah | 2005-07-10 02:32 | オペラ
<< DVDデータ圧縮技術の新顔 テロのロンドンその後 – 7月9日 >>