ロイヤルオペラの來シーズンへの期待(1)

アル・カイダによるロンドンテロの余韻で少しの間外出を控える気分になりましたので生の音楽情報がアップできません。ということで、まだ今シーズンが終わったわけではありませんが、2005年9月から始まる来シーズンのコヴェントガーデンの演目で直近のものから順番に私の勝手なコメントなどを述べてみようと思います。最初は9月から11月にかけて上演されるものです。

・ プッチーニ作曲「西部の娘」
あまりポピュラーではない演目で、前回の上演は10年以上前だそうです。今回は、パッパーノ指揮で人気のホセ・クーラ(Jose Cura)と相手役はアンドレア・グルーバー(Andrea Gruber)で上演する。手持ちのCDを聴いてもあまり面白くない作品だけど、ホセ・クーラに敬意を表して見に行きます。

・ ニールセン作曲「マスカラーデ(Maskarade)」
これも珍しい20世紀コミックオペラ。なぜかデンマーク語ではなく英語での上演らしい。ロイヤルオペラは原語での上演がほとんどであるが時々翻訳英語が使われる。主演は、ジョン・デル・カルロ(John Del Carlo)とエンマ・ベル(Emma Bell)。£10の安い切符(抽選)が入手できれば行くつもり。あまり期待していません。

・ ワーグナー作曲「ジークフリート」
先シーズンから続いている「ニーベルンクの指輪」の第3部であるが、不思議なことにWanderer(Wotan)役が第2部までのヴォータン役のブリン・ターフェル(Bryn Terfel)ではなく、ジョン・トムリンソン(John Tomlinson)が歌う。他の劇場の上演のDVD(例えばブーレーズ指揮のバイロイト盤)を見ると、同じ歌手が通して出演しているし、それが自然と思うのだが一体どうしたことだろう。DVDの販売はしないのだろうか。ブリュンヒルデ役はこれまでと同じリサ・ガスティーン(Lisa Gasteen)が歌う。ジークフリートはジョン・トゥレリーヴェン(John Treleaven)です。まあ一番の楽しみなので行くつもりですが、希望した席が入手できず、かなり高いところを買う羽目になってしまったのは痛い。

・ ティペット作曲「真夏の結婚」
イギリスの作曲家Michael Tippett(1905-1998)の生誕100年記念ということで今年は多くの作品があちこちで演奏されていますが、これもその一環です。言葉は当然英語。主役はアマンダ・ルークロフト(Amanda Roocroft)とウイル・ハートマン(Will Hartmann)です。ティペットは初めてなので行くつもりです。希望の席も取れたことだし。
[PR]
by dognorah | 2005-07-09 00:51 | オペラ
<< テロのロンドンその後 – 7月9日 セント・ポール大聖堂でコンサー... >>