「カルメン」DVD鑑賞記

2002年のグラインドボーンフェスティヴァルで公演されたものの録画である。DVDにBBCと共にNHKの名前も記されているので恐らく日本でも放映されたのであろう。
c0057725_4245858.jpg

キャストは次の通り。
Carmen: Anne Sophie von Otter
Don José: Marcus Haddock
Micaëla: Lisa Milne
Escamillo: Laurent Naouri

Conductor: Philippe Jordan
Director: David McVicar
Set Designer: Michael Vale
Costume Designer: Sue Blane
London Philharmonic Orchestra
The Glyndebourne Chorus

このDVDには主なキャストによるコメントが入っているので、どういう意図で舞台が作られたかがよくわかって興味深い。監督の意図、それに沿った衣装作りとダンスの振り付け、各歌手の役に対する取り組み方、など。David McVicarは言う。「このオペラはみんなが知っているポピュラーな歌が続くミュージカルのようなものだ。今回は伝統的な舞台づくりを行ってその効果を高めたつもりである。
カルメンは他のどんなオペラの登場人物よりも現代的な性格で、男をすべて飲み込むような性格だ。裸足で大地に立ち人生を手で掴み取るようなところがある。Anne Sophie von Otterはそれを実にうまく演じてくれて満足だ。
ドン・ジョゼ(注:日本ではドン・ホセと書かれることが多いが、このオペラは原作も台本もフランス語であり、この役はドン・ジョゼと発音される)は激しい性格で、ギャンブルが昂じて喧嘩で人を殺したりしているが、一方では心には敬虔な部分もあり、それは彼に牧師になってほしいと願っていた母親に育まれたものである。彼にとって母親は特別な存在だけれどもその関係は不健康であるがゆえに女性に対するコンプレックスが生じた。劇の進行と共に性格はどんどん残虐な方向へシフトしていく。ミカエラはその母親の敬虔な代理人みたいなもので、いわばマリア様。本人はドンのことをお兄さんみたいに思っている。残念ながらセックスアピールに欠けるためドンを惹きつけることが出来ない。」

このオペラは「サロメ」と同様にヒロインによる歌いながらのダンスが求められるのが自然で、このDVDでもフォン・オッターさんがダンサーと共に振付師の指導の下、スペイン風ダンスの練習に励む姿が収められている。

衣装は監督の指示で赤と黒を主体に暗めの色調でデザインされたとコメントされている。闘牛士さんはマドリードまで衣装合わせに行ったらしい。

舞台は過不足なくよく出来ていると思う。演出はとても自然で納得できる。第4幕で、カルメンとドンが二人きりになるところで、ドンがカルメンのところに現れるのではなく群集が闘牛場の中に移動したらその中にまぎれていたドンが一人取り残されて結果的にカルメンと二人きりになる演出などいいなと思う。しかし、第2幕でカルメンがドンを接待する場面ではMcVicarならではのもう少しエロティックな演出を期待していたが、それほどでもなくちょっとがっかり。

指揮者はとても張り切っていて、序曲からこの調子でいって最後までもつの?と言うくらい力強くダンディな振り方だ。音楽はとても切れがよく劇的でもあり聴いていて気持ちがよい。

カルメンのフォン・オッターはちょっと年増なのが難点だけれど(この舞台では47歳)歌も演技もそしてダンスもうまい。そういうことでは、ドン・ジョゼのハドックもあまり風采が上がらない人だけれど歌は十分うまい。
ミカエラは監督の意図がよく表現されているし、これも歌はとてもうまいと思う。これに比べてエスカミリオはちょっと頼りない闘牛士という印象で、要するに優男過ぎる。歌の方はまあまあだが。

私は昨年このプロダクションにアプローチしたけれど、ちょっと出足が遅く切符が取れずに泣きを見た。DVDでこれだけ満足したから舞台はきっとよかっただろうと思うとちょっと悔しい。なお、このDVDはこのオペラ劇場の周りの聴衆がピクニックできるガーデンが詳しく紹介されていてそれも一見の価値がある。
[PR]
by dognorah | 2005-06-19 04:25 | DVD
<< 藤田めぐみピアノリサイタル トレーシー・エミン展 >>