ピアノトリオ演奏会

ハイドパークチャペルにおけるランチタイムコンサートです。
今日の演奏者には日本人ヴァイオリニストがメンバーとして入っています。

演奏:The Bomond Trio
    ピアノ:Jesse Beamont(イギリス人)
    ヴァイオリン:Tomoko Sasaki(日本人)
    チェロ:Galiasker Bigashev(ウズベキスタン人)
佐々木さんは桐朋音楽大学を2001年に卒業して、Royal Academy of Musicで学んだ後、現在はTrinity College of Musicに所属して、ヴァイオリニストあるいはヴィオラ奏者として室内楽中心の活動をしているようです。

プログラム:ベートーベンの大公トリオ Op.97

私はこの曲はあまり好きじゃないことが影響しているのか、演奏は全般的にやや退屈と感じてしまった。しかし第4楽章はよくまとまり、いいアンサンブルでありました。3人の演奏はバランスが取れているが、ややスケールが小さい。名前がトップに出ていることからピアニストがリーダーだと思うが、見ていてリーダーシップがあまり取れていないのかなという印象を受けました。

ここで聴いたピアノトリオはもう一組あって、3月28日に紹介したErato Trioであるが、実力は彼らの方が一段上であろう。
[PR]
by dognorah | 2005-06-17 08:16 | コンサート
<< トレーシー・エミン展 ホックニーの舞台美術による「魔笛」 >>