ソプラノ独唱会

ロイヤルオペラハウスのランチタイムコンサート(6月6日の分)。
今日の出演者は、
ソプラノ:Rachel Nicholls
ピアノ:Paul Plummer

プログラムは、
Henry Purcell:  Three Mad Songs
Claude Debussy:  Proses lyriques
Benjamin Britten: Les illuminations de Rimbaud
Noel Coward: Nina

彼女は大学でフランス語と言語科学を学んだ後Royal College of Musicで歌唱を専攻したという変わった経歴の人。既に2001年以来ロイヤルオペラで脇役であるが舞台経験がいくつかあり、地方のオペラでは主役級を演じている。調べたら、私は昨年12月に観た「ナキソス島のアリアドネ」でEcho役をやっていた。

ピアノ伴奏者は、1995年にGuildhall School of Music and Dramaのピアノ伴奏科(こういう専門コースがあるとは!)を卒業。以来ピアノ伴奏と室内楽を主活動にしている。

歌は、最初のパーセルの3曲を聴いただけで、うまい人だなあと感心した(そのときはまだ既に舞台で聴いたことのある人だったとは気付いていなかった)。豊かでよく伸びる美しい声がとても心地よい。これが続くならStanding ovationものだと思ったぐらい。ただ、プログラムが進むにつれてわずかであるが声のかすれが時たま出始めた。オペラと違ってリサイタルではかなり長時間歌い続けるからか。また、最高音部での金属的響きも時々気になることがあったが、まあ細かいことを言うべきじゃないだろう。奏でる音楽はとてもすばらしかったのだから。
いつもながら、ここのランチタイムコンサートはぴか一だ。
[PR]
by dognorah | 2005-06-10 01:42 | コンサート
<< Music of Todayコ... 上原彩子ピアノリサイタル >>