ロッシーニの歌劇「イタリアのトルコ人」

ロイヤルオペラの新演出を観てきました。
なんとこのオペラ、長い歴史を誇るロイヤルオペラでも初登場だそうです。5月28日が初日で私の行った6月6日が4回目の公演です。

キャストは、
Selim: Ildebrando d'Arcangelo
Fiorilla: Cecilia Bartoli
Prosdocimo: Thomas Allen
Don Geronio: Alessandro Corbelli
Don Narciso: Barry Banks
Zaida: Heather Shipp

Conductor: Adam Fischer
Directors: Moshe Leiser and Patrice Caurier
Set Designs: Christian Fenouillat
Costume Designs: Agostino Cavalca
Lighting: Christophe Forey

あらすじ:ナポリの金持ち、Geronioの妻Fiorillaは奔放な浮気女。そこにトルコから着いたばかりのSelimに一目ぼれ。亭主とボーイフレンドNarcisoは怒っていろいろ画策します。そこにSelimと昔婚約していたトルコ娘Zaidaもからんでどたばた喜劇が始まりますが、最後はそれぞれもとの鞘に収まってめでたしという他愛無い筋です。傍観者として、オペラブッファを書こうとしている詩人Prosdocimoが自分の好む筋書きに沿った進行役のような振る舞いを見せますが、恐らくロッシーニ自身を模したものでしょう。

演出は、プロットを現代に置き換えて、ナポリらしい明るい配色の衝立が左右に動いて場面転換を図る簡素な(チープなとも言う)舞台造りでした。イタリアらしく、スクーターやフィアットのミニ、アルファロメオの車も舞台に登場します。あまり経費をかけないでそれらしい雰囲気を出すことに成功したといえるでしょう。登場人物の服装も性格に応じた工夫がなされ、よかったです。Fiorillaが最初に登場したときは、赤いブレザーに白を基調にしたスカートと緑の靴、とイタリア国旗の配色です。喜劇としての演出はとてもよく出来ていて、頻繁に笑わせてくれました。歌手もすべて演技がうまく、歌がなくても成立するくらいの芝居になっています。

歌唱のほうですが、登場頻度の多い上記配役の最初の4人は文句をつけるところは余りありません。チェチリア・バルトリは実演を聴くのは初めてですが、評判通りとても歌のうまい人で、好ましい美しい声です。誰かから聞いていましたが、声量的にはやや物足りないところは確かにありました。男声陣はトーマス・アレンとタイトルロールのイルデブランド・ダルカンジェロが歌のうまさ、安定感、声量、ともに他を圧していました。

オーケストラの方ですが、全体にもうちょっとテンポを早めに小気味よく演奏してくれたほうがいいのじゃないかという感じがします。
写真はアンコールにこたえる出演者。
c0057725_20342254.jpg

[PR]
by dognorah | 2005-06-07 20:34 | オペラ
<< Rebecca Horn展覧会... 木嶋真優さんの演奏評 >>