蜷川幸雄演出、シェイクスピア「シンベリン」公演

2012年5月30日、Barbican Thetreにて。

Shakespeare: Cymbeline

蜷川幸雄カンパニーのロンドン公演二日目を見ました。
先日見たグローブ座の「コリオレイナス」に引き続き今年日本語で見るシェイクスピア劇の二つ目ですが、原作を全く知らないにもかかわらず大変楽しめました。やはり日本語でしゃべってくれるのはありがたい。演出は小気味よいテンポで笑どころたっぷり、見栄えのする衣装、簡素ながらも美しい舞台に加えて俳優達の演技のうまさも際だつすばらしい舞台でした。すでに日本で公演した演目でしかも俳優達がほとんど一緒なのでこなれた舞台になっているのでしょう。背景には山水画や源氏物語絵巻(雨夜の品定め)などが使われて日本発のシェイクスピアと強調している点もいいなと思いました。特に雨夜の品定めはまさしく舞台上で男どもがお国の女自慢をする場面だったので使い方が上手いと思いました。イギリス人には全く理解できないでしょうけれど。でも英語字幕で筋を追わなければならない非日本人観客もかなり入っていてほぼ満席だったのは蜷川人気か。
インターヴァルにストール席後方に座っていらっしゃる蜷川さんを見かけ、声をかけてみましたが上機嫌でした。
ただ、劇の大団円となる最後のシーンは演出としてはあまり評価できず、ダサさ感がつきまとってかなり退屈でした。舞台中央に立つ木が陸前高田市の一本松であり、昨年の震災にかこつけた彼の意図はすぐにわかりましたが、人物処理がくどすぎる気がします。

終了後のカーテンコール
c0057725_029096.jpg


Posthumus役の阿部寛
c0057725_0295464.jpg


Imogen役の大竹しのぶと蜷川幸雄
c0057725_0303529.jpg

[PR]
by dognorah | 2012-06-01 00:32 | 観劇
<< 再びMTT指揮LSO演奏会 MTT指揮LSO演奏会 >>