「ほっ」と。キャンペーン

MTT指揮LSO演奏会

2012年5月27日、バービカンホールにて。

Beethoven Piano Concerto No 3
Mahler Symphony No 4

Michael Tilson Thomas conductor
Elizabeth Watts soprano
Llŷr Williams piano(Yefim Bronfmanの代役)
London Symphony Orchestra

マイケル・ティルソン・トーマスを聴くのは約5年ぶりですがやっぱりいい指揮者です。
ピアノ協奏曲は構成のがっしりしたオケをバックに派手さはないものの堅実に音楽を作る美しいピアノによってしっかり楽しませてくれました。ウェールズ人ピアニスト、フリール・ウイリアムズは名前さえ初めて聞く人ですがイギリスでは結構ポピュラーな存在らしい。写真で見る通り外見的にも地味な人です。MTTは協奏曲でも緻密で豪快な演奏、さすがです。

Llŷr Williams
c0057725_041317.jpg

マーラーの4番は明快な演奏、各楽器のメロディーがクリアに聞こえる分析的な解釈でスケールの大きさはないものの第3楽章など実にマーラーマーラーしてこの曲も大変楽しめました。第4楽章で独唱のエリザベス・ウォッツは声量はそれほど無いものの持ち前の透明な美声がこの曲によくマッチして秀逸な出来です。

Elizabeth Watts
c0057725_041382.jpg


Michael Tilson Thomas & Elizabeth Watts
c0057725_0415881.jpg

[PR]
by dognorah | 2012-05-29 00:44 | コンサート
<< 蜷川幸雄演出、シェイクスピア「... 日本の劇団によるグローブ座での... >>