LPOによるチェコ音楽の夕べ

2012年5月2日、RFHにて。

Leos Janácek: The Cunnning Little Vixen Suite
Antonin Dvorák: Piano Concerto in G minor
Interval
Josef Suk: The Ripening - symphonic poem, Op.34

London Philharmonic Orchestra
Vladimir Jurowski conductor
Martin Helmchen piano
Ladies of the London Philharmonic Choir

「利口な女狐」組曲は作曲家自身が編曲したのかどうか知りませんが随分端折ったもので20分ぐらいの演奏時間しかありません。それでもあの美しいメロディを聴くと情景が彷彿としてきます(ただし覚えているのは最初の方の情景だけですが)。音響的には十分楽しめました。

ドヴォルザークのピアノ協奏曲を実演で聴くのはこれが初めてです。第1楽章はスケールが大きく、かなり力を入れて作曲したんだなぁと想像できるものです。第2楽章になると彼独特の郷愁を呼び起こすようなメロディがふんだんに出てきて、ここでも沸々と湧き起こる創作意欲が強く感じられます。とても好ましい音楽です。第3楽章もその流れを敷衍しながら展開していきます。ピアノ独奏のマーティン・ヘルムヒェンは第1楽章ではまあ普通のピアニストかなぐらいの印象でしたが楽章が進むにつれて詩的な雰囲気を強く感じさせる弾き方と美しい音が好感度を増していきます。全曲終わってみれば大変すばらしい演奏だったと思わせるもので、会場も沸きました。残念ながらアンコールはありませんでした。

最後のスークの曲は全く初めて聴く音楽です。彼の曲といえばヴァイオリン協奏曲を聴いたことがあるかなぁとか思って調べるとそんなものは存在しなくて、孫の高名な同名のヴァイオリニストが弾いたドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲の演奏と混同していたことに気付くお粗末さ。ということでこれが作曲家スークの音楽初体験ということになります。残念ながらあまり好きな音楽ではありませんでした。管弦楽編成は大きく、舞台せましと奏者が並びますが、大きな音ががんがん鳴るもののやや単調で音楽にのめり込めません。それにしてもユーロフスキーは珍しい音楽を引っ張ってくるものです。お陰で客の入りはかなり悪いものでした。
今日は友人につきあって参加したコンサートなのであまりいい席ではなく、写真は撮れませんでした。
[PR]
by dognorah | 2012-05-07 01:40 | コンサート
<< ROH公演「ラ・ボエーム」 エトヴェシュ指揮LSO演奏会 >>