ベートーヴェン「荘厳ミサ曲」

2012年4月22日、バービカンホールにて。

Beethoven: Missa Solemnis

Nikolaus Harnoncourt conductor
Marlis Petersen soprano
Elisabeth Kulman mezzo-soprano
Werner Güra tenor
Gerald Finley baritone
Groot Omroepkoor (Dutch Radio Chorus)
Royal Concertgebouw Orchestra of Amsterdam

この曲は確か90年代にジョン・エリオット・ガーディナー指揮の手兵で聴いたことがあり、これで2回目の経験です。ガーディナーの時は余りよくわからなかった音楽も今日は大変楽しめました。管弦楽は言うに及ばず、4人の独唱陣も合唱団も美しくもすばらしく、恐らくこれ以上は望めないほどの水準の高い演奏でした。さすがにアーノンクールが選んだだけのことはあるなぁと感心しきり。合唱は特筆に値する水準の高いものでした。そのアーノンクール、今回初めて指揮を見ましたが指揮台も指揮棒も使わないで見事な音楽を作ってくれました。
この曲、前半は相変わらず私にはあまり理解できない音楽でしたが後半はとにかく美しく、貴重な体験でした。

演奏終了後に、イギリスの伝統的音楽ソサイエティであるRoyal Philharmonic Societyからアーノンクールに対してGold Medalを授与するセレモニーが行われました。挨拶では、音楽というものはまず作曲家があって成り立ち、その後奏者達が重要で私のような指揮者はどうでもいいというような謙虚なコメントがあって笑わせていました。

Elisabeth Kulman (mezzo-soprano) & Marlis Petersen (soprano)
c0057725_21573696.jpg


Gerald Finley (baritone) & Werner Güra (tenor)
c0057725_2158059.jpg


Nikolaus Harnoncourt
c0057725_21583776.jpg


Nikolaus Harnoncourt received Gold Medal from John Gilhooly
c0057725_2159328.jpg

[PR]
by dognorah | 2012-04-25 00:01 | コンサート
<< エトヴェシュ指揮LSO演奏会 ヴェーバーのオペラ「魔弾の射手... >>