ヴェーバーのオペラ「魔弾の射手」コンサート形式

2012年4月19日、バービカンホールにて。

Weber: Der Freischütz (concert performance)

Sir Colin Davis conductor
Stephan Loges: Ottokar/Zamiel
Martin Snel:l Kuno
Christine Brewer: Agathe
Sally Matthews: Ännchen
Lars Woldt: Kaspar (Falk Struckmannの代役)
Simon O’Neil:l Max
Gidon Saks: A Hermit
Marcus Farnsworth: Kilian
Lucy Hall: Four Bridesmaids
Malcolm Sinclair: narrator
London Symphony Chorus
London Symphony Orchestra

初めて体験するオペラです。実は昨年ベルリオーズが作り替えたこれのフランス語版を聴くチャンスがPromsであったのですがブダペストに行く用事のため行けなかったのです。
本日の公演はオリジナルのドイツ語版です。しかしドイツ語による地の台詞が多いのでその部分は英語によるナレーターによってストーリーが補足される形式でした。ザミエルは姿を現さず、スピーカーを使って暗い感じを表現していました。歌手はボヘミアの公爵オットカーとの二役担当なのでオットカーの時は舞台で歌っていましたが。
コリン・デイヴィスの指揮する音楽の何とすばらしいことでしょう。序曲からわくわくしながら聴いていました。このところLSOの音は本当にすばらしいし、歌手達もまあまあなので全体として十分楽しめました。マックス役のサイモン・オニールはいつも通りの美声。ファルク・シュトルックマンの代役ラーズ・ヴォルトも文句なし。クリスティン・ブリューワーも水準の歌唱。しかしこの人はますます太った印象を受けました。協演したサリー・マシューズの3倍ぐらい太い。そのサリー・マシューズは前半ちょっと声が引っかかるような感じでしたが後半は俄然よくなって第3幕のロマンスとアリアはすばらしい歌唱でした。
しかしそれにしてもこの作品はオペラとしてはあまり魅力を感じません。ストーリーが単純でばかばかしいところもありますし。あまり舞台で見たいとは思いませんでした。

Lars Woldt & Simon O’Neil
c0057725_2194586.jpg


Sir Colin Davis talking to Christine Brewer
c0057725_2114189.jpg

[PR]
by dognorah | 2012-04-24 21:18 | オペラ
<< ベートーヴェン「荘厳ミサ曲」 バレンボイム指揮ベルリン州立歌... >>