オペラ「リゴレット」

2012年4月7日、ROHにて。

Giuseppe Verdi: Rigoletto

Director: David McVicar
Conductor: John Eliot Gardiner

Rigoletto: Dimitri Platanias
Gilda: Lucy Crowe
Duke of Mantua: Vittorio Grigolo
Count Monterone: Gianfranco Montresor
Maddalena: Christine Rice
Sparafucile: Matthew Rose
Giovanna: Elizabeth Sikora
Marullo: ZhengZhong Zhou
Matteo Borsa: Pablo Bemsch
Count Ceprano: Jihoon Kim
Countess Ceprano: Susana Gaspar
Usher: Nigel Cliffe
Page: Andrea Hazell
Royal Opera Chorus
Orchestra of the Royal Opera House

このマクヴィカーのプロダクションは2001年プレミエだったのでもう11年前のものになります。随分再演されていますが過去に私が見たのは3回だけでこれが4回目です。今回のお目当てはヴィットリオ・グリゴーロですが、期待通りのすばらしい歌唱で大満足です。ピアノからフォルテまですべての音域で惚れ惚れする声は相変わらずで、今まで何度か舞台で聴いたものよりも一段と歌のうまさが感じられました。
タイトルロールの初めて聴くギリシャ人バリトン、ディミートリ・プラタニアスもいい声をしていて迫力もあり、これはまた注目すべきバリトンです。外見はハンサムとは言えないので女性支持者は少ないかも知れませんが。
ジルダを歌ったルーシー・クロウは個人的事情で降板したEkaterina Siurinaの代役で、この日がこの役のデビューでした。そのせいでやはり緊張していたのでしょう、第1幕で登場したときは高音部が乾いた音色で伸びもなくおやおやという印象でした。暫くすると高音も潤いが出てきて全体としてはまあまあの歌唱でしたが、最高音部は終始苦しく、ちょっと聴きづらくなります。
殺し屋役初登場のマシュー・ローズは上手い歌唱でしたが低音部はもう少しドスのきいた声が欲しいところです。
マッダレーナ役のクリスティーン・ライスは演技も含めてかなり上手く、第2幕の有名な4重奏もしっかり。
指揮のジョン・エリオット・ガーディナーのヴェルディはROHで聴くのは「シモン・ボッカネグラ」に次いで2回目ですが前回と同じくさすがと言える音楽を聴かせてくれました。ROHのオケがこんなに美しい音を出すのか!と驚く場面もしばしばでしたし、劇的表現も凄いものがあります。狭いオケピットの中にコントラバスが8本ちゃんと入っていましたが普通のことなんでしょうか。なんか低音を増強している風に思えたのですが。

Dimitri Platanias
c0057725_8543961.jpg


Lucy Crowe, Vittorio Grigolo and Christine Rice
c0057725_8551819.jpg


Vittorio Grigolo
c0057725_8554084.jpg


c0057725_8564331.jpg
c0057725_857293.jpg


John Eliot Gardiner
c0057725_8572473.jpg

[PR]
by dognorah | 2012-04-09 09:02 | オペラ
<< ハーディング指揮LSOコンサート 若手音楽家による室内楽コンサート >>