ピアッティ弦楽四重奏団演奏会

2012年3月29日、St Peter's Church, Eaton Squareにて。

Piatti String Quartet
Bach (arr. Mozart): 5 Fugues, K.405
Beethoven: String Quartet No.10 in Eb, Op.74 'Harp'
Smetana: String Quartet No.1 in E minor, 'From My Life'

現在開催中のLondon Wigmore International String Quartet Competition(Wigmore Hall主催)で世界中から選ばれた12の団体の中で唯一UKから選ばれた弦楽四重奏団の演奏会です。
最初の曲はバッハの平均律クラヴィア曲集からモーツァルトが5曲を選んで弦楽四重奏用にアレンジしたもの。合奏するというよりも各楽器が一つのフーガを演奏するようにアレンジされていていかにもバッハという印象で大変楽しめます。

2曲目の第1楽章が始まった途端4人の奏者の上品で洗練された音に釘付けとなりました。アンサンブルも見事でまるで絵筆で背骨を撫でられたようにゾクゾクしてしまいました。弦楽四重奏の演奏でこういう感じに見舞われたのは初めてです。2009年に結成されたのでまだ3年程度の経験しかありませんがこれほど聴衆を魅了してくれるとはたいした実力と言えるでしょう。

休憩後の3曲目はスメタナ。音の響きは相変わらず美しく、始めて実演に接したこの曲は親しみやすいメロディもあって音楽を堪能しました。特に第3楽章は豊富な内容ですね。

さてこの団体は今回のCompetitionでどういう成績になるのか楽しみです。世界には沢山実力団体がいるでしょうから楽観は出来ませんが。ちなみに今月27日から今日までが予選で、本日の午後五時にパスした6団体が発表になるようです。そして明日の準決勝で3団体に絞られ、4月1日に決勝が行われます。聴きに行きたいのですがすでに私のスケジュールは一杯で残念ながら行けません。
[PR]
by dognorah | 2012-03-30 23:38 | コンサート
<< セミヨン・ビチコフ指揮LSO フリューベック・デ・ブルゴス指... >>