ティッチアーティ指揮LSO演奏会

2012年3月15日、バービカンホールにて。

Strauss: Tod und Verklärung
Mahler: Kindertotenlieder
Brahms: Symphony No.2

Robin Ticciati: conductor
Christopher Maltman: baritone
London Symphony Orchestra

この指揮者は2年前のプロムスでグラインドボーンオペラの演目「ヘンゼルとグレーテル」を指揮したときが私の初体験で、そのときにえらく感心したので今回のLSO定期演奏会の切符を買ったのでした。グラインドボーンでの活躍は多くの人たちが評価したののでしょう、昨年ウラディミール・ユーロフスキーの後任としてグラインドボーン音楽祭の音楽監督に選任されました。1983年生まれなのでまだ弱冠29歳です。

最初の曲「死と変容」は過去に聴いたときはそれほど惹かれなかった曲ですが、今回も曲自体はあまり好きになれないものの、演奏はさすがと思わせる出来で、改めてティッチアーティの実力を思い知りました。哲学的な深遠ささえ感じられます。テンポはゆっくりめで各楽器をたっぷり鳴らし、大変ダイナミックレンジの広い音量でした。オケを大音量で操る技術はなかなか凄いものです。今日は3曲とも弦は両翼配置で、そのために低弦群が私の座っている左側に集中したっぷりと低音を聞けたのも好ましかった。

次の「無き子を偲ぶ歌」を歌ったモルトマンはやや明るめの美しい声で感情豊かに歌い上げ、大変楽しませてくれました。最近よくウイグモアホールなどで歌曲のリサイタルをしているだけに上手いものです。

最後のプログラムはブラームスの交響曲第2番。この曲だけは暗譜指揮でした。やはりテンポを遅めにとって旋律を豊かに歌わせる指揮で、全く私の好みです。驚いたことにシュトラウスの「死と変容」で8挺だったコントラバスを9挺に増強していました。それだけ低音を強調したかったのでしょう。各楽章とも単にテンポが遅めなだけでなくエスプリの効いた豊かな知性を感じることが出来ます。田舎の野暮ったさではなく洗練された響きです。いい演奏でした。これからも頻繁にロンドンのオケを演奏して欲しい人です。

Robin Ticciati
c0057725_22314136.jpg

[PR]
by dognorah | 2012-03-19 22:35 | コンサート
<< 新作オペラ「Miss Fort... 16歳のピアニストJan Li... >>