ドヴォルザークのオペラ「ルサルカ」

2012年2月27日、ROHにて。

Antonin Dvorák: Rusalka

Directors: Jossi Wieler & Sergio Morabito
Conductor: Yannick Nézet-Séguin

Rusalka: Camilla Nylund
Foreign Princess: Petra Lang
Prince: Bryan Hymel
Ježibaba: Agnes Zwierko
Vodník: Alan Held
Huntsman: Daniel Grice§
Gamekeeper: Gyula Orendt
Kitchen Boy: Ilse Eerens
Wood Nymphs: Anna Devin, Justina Gringyte & Madeleine Pierard
Royal Opera Chorus
Orchestra of the Royal Opera House

ROHでこの演目をやるのは久しぶりらしいです。過去に2回上演した記録が残されていますが、いつなのかは知りません。今回のはザルツブルグの2008年の新作を貰ってきたもので、今日が初日です。私の方はと言えば、このオペラを体験するのはこれが2回目で、前回はグラインドボーンでした。演出は随分違うのは当然としても、今回のは室内楽的な舞台で、グラインドボーンのスペクタクルなグランドオペラを思わせるスケール感は全くありません。演出全体を比べてもどうも納得できないところがままあり、グラインドボーンの方が遙かにいい演出です。大体ルサルカがナイフを腹に突き立てて自殺するというのは原作とも違うし、黒猫のぬいぐるみ姿が出てきたりするのもなんだかねぇ。魔女と黒猫の組み合わせという陳腐な発想が大体いけない。案の定カーテンコールで出てきた演出家には盛大なブーが飛んでいました。猫ついでにいえば、魔女が座っているソファーに本物の黒猫が出演していて驚きました。まるで訓練をしっかり受けたように逃げたり嫌がったりせずに、魔女のちょっかいに反応していたし、最後は猫の脇腹あたりを魔女が何かすると、さっと舞台袖に引っ込みましたし。

歌手の方ですが、ROHデビューのフィンランド人ソプラノ、カミーラ・ニュールントは第1幕ではきれいな声ながらもやや線が細く、「月に寄せる歌」もあまり印象的ではありません。しかし第3幕では声が力強くなり、大満足の歌唱でした。第1幕はセーヴしていたのか、デビューで緊張していたのか。
王子役のアメリカ人テノール、ブライアン・ハイメルは、過去に聴いた「トロイ人」ではよい印象でしたが「カルメン」ではどうもねぇという半々の経験をしていますが、この人も第1幕では声が上滑り的でカルメンに近く、第3幕では力強い歌唱で合格。
外国の王女役、ドイツ人メゾ、ペトラ・ラングはよく声が出ていて、演技も得意の憎まれ役が堂に入っていました。ヴォドニク役のアメリカ人バスバリトン、アラン・ヘルドも立派な歌唱で、気持ちよく聴けました。魔女役のポーランド人メゾ、アグネス・ツヴィールコもなかなかすばらしい。3人の妖精達はすべてROH若手歌手養成コースの人たちですが、皆さんスタイルがいいし上手かった。しかし主要役には一人もチェコ人がいませんね。

指揮者ですが、もう最高!ドヴォルザークの美しく劇的な音楽を余すところ無く伝えてくれた感じです。この人のオペラ指揮を聴くのはは昨年のバーデンバーデンの「ドン・ジョヴァンニ」に次いで2回目ですが両方ともとてもいい印象で、これからの登場も待ち遠しいです。なお、音楽監督のパッパーノは今日は客席にいました。

Camilla Nylund、終演直後の独りカーテンコール
c0057725_231143.jpg
c0057725_233392.jpg
c0057725_235648.jpg


Bryan Hymel
c0057725_24189.jpg


Agnes Zwierko
c0057725_243561.jpg


Alan Held
c0057725_245449.jpg


Petra Lang
c0057725_251845.jpg


Anna Devin, Madeleine Pierard & Justina Gringyte
c0057725_253859.jpg


Yannick Nézet-Séguin
c0057725_255723.jpg

[PR]
by dognorah | 2012-02-29 02:13 | オペラ
<< バレー「ロメオとジュリエット」 モーツァルト「皇帝ティートの慈... >>