Bobby Chen のピアノリサイタル

2012年1月22日、Westminster Cathedral Hallにて。

プログラム
ショパン: 幻想曲ヘ短調 作品49
ショパン: 夜想曲 作品27の第1番と第2番
プロコフィエフ: ソナタ第2番ニ短調 作品14
リスト: バラード第2番ロ短調 S.171
ストラヴィンスキー: ペトルーシュカから3つの楽章
アンコール: プロコフィエフのトッカータ

昨年5月以来の彼のコンサートです。
今回はイギリスのショパン協会の主催でした。
相変わらず彼のピアノはすばらしくてすぐに想像力をかき立てるような音楽の世界に彷徨わせてくれます。プロコフィエフもよかったけれど、とりわけ今回はリストのバラードが渾身の演奏で、完璧に私の心を捉えてくれました。力強い低音が表現するデモーニッシュな一面が特に印象的です。
ストラヴィンスキーはテクニックの冴えを見せるためのものでしょうか。楽しめるもののそれほど熱心に聴こうという作品でもありません。
[PR]
by dognorah | 2012-01-30 22:13 | コンサート
<< またまたLPOの定期演奏会 ドン・ジョヴァンニ >>